関連コンテンツ

保有株の分類をしなくちゃいけないと思っているが

銘柄数が多いのであまり進んでいない。

たとえば保有株で最も含み益の多いグループは、トラスト・テック(2154)や三洋貿易(3176)などだが、これらは景気敏感株に分類される。景気が悪くなると見るや容赦なく売られるグループなので、いつかは利益確定して売らなければならない。
ただ売るのは簡単だが買い戻すのは難しい。
他には銀行や証券、不動産などの金融株が典型。

配当金生活のコアになるのは、こういった売却タイミングを考える必要がないグループだ。
十分納得できる値段で買えて、将来の景気変動に左右されず、いつでも買い増しできるのが理想的だ。
2部やジャスダック、東証以外の地方の地味株に多いが、そういう株でも値上がり傾向にあるのが現状。

保有株から永久保有銘柄を選別、「絶対売らないリスト」を作成したら、一割も残らないのではないか?
そして保有株を売ってしまったら、私の配当金生活はどうなっていくのだろうか?

まあバブルが発生して、保有株がどれもこれも値上がりして売るしかないという状況の話なので、現状ではたわごとですね。

買う株が見あたらないと現状分析しかすることはないのだから、じっくり考えていこう。

関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサーリンク