関連コンテンツ

リーマンショック以来の空売り天国ステージ

株の空売りリターンが驚異的-2008年の金融危機時を上回る

>(ブルームバーグ):2015年は空売り投資家が過去最高の利益を上げた年だった。16年はこうした弱気派にさらに素晴らしい幕開けとなっている。世界の株式相場が過去最悪の滑り出しを見せているのだから、値下がりにかけてもうかるのは当然だろうが、驚くべきことがある。マークイットによれば、空売りの相対リターンが2008年の金融危機時を上回っているのだ。

21日の日経平均騰落レシオ(25日)はついに53.82、ライブドアショックの年とサブプライム問題の年を抜いて、リーマンショックの年に迫りました…

過去…昨日の記事:日経平均は黒田バズーカ2以前の水準に。騰落レシオの考察。

>株価を当時左右した要因は住宅バブルと金融機関の破綻だった。現在は中国と原油、そして米国でのゼロ金利政策の終了だ。景気減速の根強い不安と商品相場急落が昨年末に向けてショート戦略に弾みをつけ、同年最後の数週間にピークに達したが、それが収まる兆しは見えないと、マークイットは先週のリポートで指摘した。

中国の景気後退、原油安、米国のゼロ金利政策終了間近→終了、これらの要素は昨年後半と変わらずです。しかし年初からここまで酷いことになると予想していた人は少数でしょう。実際現時点で既に記録的な下落率になってしまいました。

私もどこかで下げ止まる、1回は大きな反発があるだろうと思っていましたが、やはり相場は魔物…!コイントスで10回、15回と連続で裏が出る可能性もありうるということですね。反省して、もはや歴史的値動きを見守る心境です。いまさらカラ売れないし、やったら往復でやられそうです。


ただ金融危機時と違って、この状況でもフィンテック関連など目立って物色されているテーマ株はありました。新興国の景気後退、原油安関連は問答無用に売り、逆に原油安の恩恵を受ける運輸株や内需の地味な銘柄は比較的マシでしたね。

関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント


スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント