私がこれまでに経験したなんとかショックを年表にしました。気楽な傍観者としての振り返りではなく、全て痛みを感じる金額まで株を買うことで参加しています。株式市場では常に血が流れています。

2003年 ソニーショック 日経平均7,607円、20年前の水準に戻る
2004年 2004年4月の急落(日経1万2千から1万円台への急落。日経2万→1万6千に相当)
2005年 郵政解散総選挙で自民党圧勝。逆ショック。
2006年 ライブドアショック
2007年 サブプライム・ショック
2008年 リーマンショック
2009年 民主党圧勝で政権交代、年末にドバイショック
2010年 欧州ソブリン危機
2011年 東日本大震災、福島原発事故ショック
2012年 日経8000円台に低迷、超円高、年末に第2次安倍政権成立
2013年 2013年5月23日の急落、バーナンキ・ショック
2014年 年初の日経1万6千円台から1万4千円台まで半年かけて下落
2015年 チャイナショック
2016年 第2次?チャイナショック←NEW!

こうしてみると、名前のついていないものを含めて毎年のようになんらかのショックが起きていることがわかります。後で見ると一貫して強気相場に見える年でも暴落が起きて市場が総悲観になる瞬間はあります。

私はこれらの暴落を常に食らって来ました。レバレッジを掛けた状態で食らった事もあります。器用に暴落を回避できたことはほとんどありません。それでもまだ何とか生き延びてきてます。

株に必要なのはリスク管理と折れない心です。退場さえしなければなんとかなります。

参考:この期間の投資成績

関連記事:大損して心が折れかけている人へ(改定版)

関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
カテゴリ
タグ