関連コンテンツ

ウォール街で最も有名な日本のヘッジファンドは農協(農林中金)。一方で小泉進次郎議員の「農林中金不要論」が話題。

農林中央金庫(ウィキ)

農林中央金庫とは


「農林中金いらない」小泉進次郎の「農林中金不要論」の真意

>「農林中金の貸し出し残高のうち農業に回っているのは0.1%。だとしたら要らない」
>小泉進次郎・自民党農林部会長が1月13日、茨城県内の農業関連の施設を視察した際に放ったこの一言が、波紋を呼んでいる。この指摘は、父親譲りとも言うべきか、単純明快に今の日本の農業の課題を言い当てていると感じる

農業関係者と金融関係者以外はほとんど一般国民の関心が無いと思われる巨大金融機関が農林中央金庫です。日本最大のヘッジファンドとして投資家にもおなじみでしょう。これぐらい関係者と一般人で認識の違う機関も珍しいと思います。

で、農林中金はJAバンクが集める80兆(!)の預金を運用してします。この運用資金を農業に融資するのが本来の仕事ですが、実際に農業に回っているのはこのうちのわずか0.1%、だから農林中金はいらない、というのが進次郎議員の主張です。まあもっともな話です。

やる気のある農家は農協を当てにせず地元の銀行や信金から融資を受けているそうです。JAは共済とローンだけやってろと。

農林中金はバブル崩壊後の住専問題や2008年のサブプライム問題で大穴を空けたことがあり、いずれも政府によって救済されています。昨年から続いているチャイナショックも心配ですが、本業の農業融資を疎かにしてウォール街での派手なディーリングばっかりやっている農林中金の体質が変わっていないとしたら、確かにいらない組織ですね。

JAバンクの貯金は郵貯やメガバンクの預貯金より利率がいいので一部で有名です。たとえばこんなのです→相互リンク先の1億円を貯めてみよう!さんのページ:高利の定期貯金!JA草津市 常盤支店新築オープン記念 特別貯金取扱中(3月31日まで)

利用するには組合員になる必要がありますが、農業関係者以外も出資して准組合員になることで利用できます。

こうやって集まった預金がどうやって運用されているのかは、確かに国民はもっと関心を持った方がいいですね。

関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント


スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント