関連コンテンツ

「60歳以降も働こう 無職では退職金が底をつく」の記事を読んだ

60歳以降も働こう 無職では退職金が底をつく(日経新聞)

>国の年金は受給開始年齢が65歳に切り替わり始めています。バラ色老後のデザインもまた、65歳からの幸せをどうつくっていくか考える時代になっています。
> しかし、多くの会社の定年が60歳のままであることを鑑みると、60歳と65歳の隙間時間がバラ色老後を左右する重要な問題になっています。

記事の趣旨としては定年の60歳から年金受給開始の65歳までを、無職では無く継続雇用か再就職で働くことによって65歳以上の生活設計にゆとりを持たせる事を奨めています。

 >プライドが邪魔してこの5年を無職で過ごせば、基本的に退職金を取り崩すことになります。会社の給付水準にもよりますが、多くの場合退職金は65歳には底をつくことでしょう。本来なら65歳以降に使うべき資金を使い込んでしまうわけです。これこそ「老後破産」の危険性を自ら招く選択です。
> 基本的には「65歳のその後」にまだ20年あると考え、65歳までは働くことを考えるのがバラ色老後に向けた基本戦略ということになります。

早期リタイア思考にどっぷり浸かっているとこういう趣旨の記事は噴飯ものなのですが、しかしあえて否定はしません。

30代で超早期リタイアして可能な限り働かないと考える方が変なのであって、一般的にはこっちの方が現実的な話でしょう。

「できるだけ長く働くことは、何千万円もの貯金をすることと同じ価値がある」というのは確かにそうです。働き続け、消費を続ける人が一定数居ないと消費社会が回らないし。

ただ私はロウソクを細く長く延長して長い間自分の身を燃やし続けるより、どこかのタイミングで火をヨソに移してロウソク自体を守りたいです。照明が必要ならLEDライトを用意すべきだと思います。


関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサーリンク