関連コンテンツ

日銀の金融政策決定会合、結果発表を前に体勢を整えました

明日1月29日は日銀の政策委員会・金融政策決定会合の決定内容が発表されます。時間は未定です。

ここである程度今後の相場の方向性が出ると思うので、この日に合わせて銘柄の入れ替えを進めてきました。

売却(利益確定)ルールに従って持ち株を売り、その資金でiS新興国債券ETF(1362)をかなり買い増しました。

過去の記事:持ち株の売却(利益確定)方針について

これで明日以降、どう動きが出ても対応できる体制が整いました。

持ち株のまとまった売却は足かけ5年ぶりになります。すでに株価は頂点から2割近く下がっていますが、これだけ利益確定を引っ張るとその程度なら許容範囲です。

ただこれで単純に弱気に転向、とはならないです。売りと買いの両面で考える相場は5年ぶり、難しいですがやりがいはあります。ここ数年の放置しっぱなしでOKな相場よりは余程面白いし、チャンスもあります。久しぶりに投資脳が回転しています。

関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサーリンク