関連コンテンツ

甘利大臣が辞任

甘利再生相が辞任、秘書の金銭授受疑惑で結果責任-安倍政権に打撃

>(ブルームバーグ):甘利明経済再生相が28日、週刊文春が報じた秘書の金銭授受疑惑をめぐり辞意を表明した。同氏は2012年12月の第2次安倍晋三政権発足以降、アベノミクスの立案や環太平洋連携協定(TPP)交渉などを担当してきた。重要閣僚の辞任で政権への打撃は避けられない。

辞任早かったですね。野党としてはこの問題をなるべく引っ張って国会を空転させたかったでしょうから、肩透かしを食らった格好になりました。

第2次安倍内閣の特徴は不祥事を起こした閣僚の辞任などの失敗のリカバリーが早いことです。この点第1次安倍内閣の時と違います。

どっちにしてもこの大変な時期に国会審議を混乱させる事は許されないので良かったと思います。あとはTPP交渉に影響が出ないようにしないと。甘利大臣は重要人物でしたが本来は誰がやってもそれなりの結果を出せるのが健全な政府運営だと思うので。



関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
高木大臣「せ、せやな」
Re: No title
> 高木大臣「せ、せやな」

パンツ大臣より先に辞任したのは驚きですね…

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント