関連コンテンツ

ついに個人向け10年物国債が募集停止

個人向け10年物国債、初の募集中止 マイナス金利の余波

>日銀のマイナス金利政策決定の余波が広がっている。財務省が3月に発行予定だった個人や自治体を対象とした10年物の新型窓口販売国債の募集を中止することが2日わかった。利回りがマイナスになる見通しとなったため。投資家が政府に利子を払うような状況では需要が見込めないと判断した。10年債の募集中止は初めて。

これで全ての窓口販売の個人向け国債が募集中止となりました。金利変動型の個人向け10年債は従来通り募集する、とありますが…

国債だけでなく自治体や企業が発行する債券も発行を急遽見合わせる事態が急速に進行しています。

社債の規則上の最低金利が0.001%というのも初めて知りました。まあ今まで知る必要もなかったムダ知識がいきなり実用のものになりましたね。

あと、やはり金融機関のシステムはマイナス金利に対応してませんね。当然と言えば当然ですが。
関連銘柄を買うことを本気で検討してもよさそうです。

マイナス金利―ハイパー・インフレよりも怖い日本経済の末路


関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント


スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント