関連コンテンツ

忘れていたリスクを思い出した投資家たち

【インサイト】銀行債めぐる騒動、投資家がリスク思い出しただけ

>(ブルームバーグ):大手銀行は安全な避難先だった。銀行は過去7年間にドル建て債の発行残高を2倍以上に増やした。その中には資本準備が縮小した時に損失を吸収するバッファーになる証券も多く含まれる。


銀行の資本が厚みを増しているのに金融不安が起こるというのは違和感があります。銀行株の暴落の原因が心理的な要因に過ぎないというのはこの辺が根拠でしょう。


>ところが風向きが変わった。低位の金融債は今年、2009年以来で最悪のスタートを切った。いわゆる偶発転換資本証券は今年に入って5%以上値下がり。世界の成長鈍化と中国企業や資源会社への融資焦げ付きのリスクの中で信用懸念が強まった。

>では2008年のような金融危機が始まりつつあるのだろうか。その可能性は低い。むしろ、最近の不安定は中央銀行が市場をコントロールする力が弱まり銀行が以前に考えられていたよりも脆弱(ぜいじゃく)な時代がやってきたことを示すものだろう。投資家は金融緩和時代に忘れていたリスクを突然思い出して心配し始めただけだ。


心理的な要因というより、中央銀行が市場をコントロールする力が弱まっているという「事実」を元に、銀行の収益が以前の想定より大きくブレる可能性を織り込みはじめたという意味で、むしろ株価下落は正常で冷静な値付けではないかという気がします。

中央銀行のできる事は金利の上げ下げですが、アメリカでさえもうあまり下げ余地が無いので硬直性が出てきています。アメリカがスケジュール通りに利上げを行う事で正常化への希望が見えてきていましたが、水を掛けられた格好です。

欧日はマイナス金利ですが、無制限にマイナスにできるわけでもないし、本来時間稼ぎに過ぎないマイナス金利政策が長期化すると金融緩和を維持すればするほど経済が衰弱するという本末転倒な話になってきます。

株価下落の原因の根っこは中央銀行に対する失望感にあります。マインドって重要なんですね。政府や日銀が執拗に主張する経済の好循環を達成するにはこのマインドを好転させなければなりません。気の持ちようって馬鹿にできません。

関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント


スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント