関連コンテンツ

上げ相場に慣れきった投資家の想像力の欠如

1ドル112円台突入で、明日の東京市場も絶望的な雰囲気になってきそうです。原油まで下がりだしてるし。

もう株なんてやめて、海外旅行にでも行きましょう。いや、割と冗談ではなくて、株価が下落するたびにある程度まとまった買いが入るのでそう思うのです。銀行株なんて、マイナス金利導入の2日目から買いを狙っている人が一定数いたぐらいです。

下げる材料しかないのに、買う人がいる。これはいずれ株価が反発する、しかも急激に、もとの水準に近い所まで戻るという願望があるからです。上げ相場を基準に考えているからです。

その気持ちは分かります。しかしちょっと想像力を働かせてみれば、株価が今後数年間、もとの位置に戻ってこない可能性も考えられたはずです。割安な株を買って報われるのは上昇相場だけ。割安株は人気が無いから割安株なのです。

今後も「底値で買った」と自慢する人がかわるがわる現れるでしょうが、仮にその株価位置で何年も停滞するなら、別に暴落のさなかで買わなくてもいつ買っても良かった事になります。

下げ相場では信用買いで常に損失を抱えている人がいるので、株価がショッキングな下落をするたびに追証がかかって大量の投げ売りが出ます。その下落を見てスケベ買いに走る人が表れ、またショッキングな下落があって…という損失のバケツリレーです。

要するに上昇相場の時の現象を裏返しにしただけです。上昇相場に空売りで立ち向かった勇敢な人が散っていったように、下落相場に信用買いで立ち向かった人が消えていっているだけです。

「お祈り」してる人がいる限り、そう簡単に株価は戻りません。残酷なようですが、株価が完璧に底を打つには完璧な絶望が必要なのです。

諦めて海外旅行に行くというのはいい手です。今なら円高だし、原油安で航空運賃も安いし。

関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
いつも勉強させてもらってます。数年前だったら112円でも、おぉ〜円安になったなぁ!という感覚だったのですけどね。人の感覚って面白いです。にしても下げ相場のスピードに今回もついていけず私は現物取引だけですが先日ようやく半分程度損切りしました。本当に趣味を楽しんだ方がいいかもです。
Re: No title
> いつも勉強させてもらってます。数年前だったら112円でも、おぉ〜円安になったなぁ!という感覚だったのですけどね。人の感覚って面白いです。にしても下げ相場のスピードに今回もついていけず私は現物取引だけですが先日ようやく半分程度損切りしました。本当に趣味を楽しんだ方がいいかもです。

今見たらもう111円台ですね。トヨタをはじめ日本企業の想定レートが120円の所が多いので、超円高という感覚でしょう。

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント