関連コンテンツ

米国が利上げどころか利下げする可能性。マイナス金利まで検討。

とうとう日経15,000円割れですか…
弱気材料には事欠かないんですが、こんなのまで出てきてますね。半年から1年経って笑い話になっていればいいんですけどね。

各国中銀がマイナス金利を導入する可能性=JPモルガン

>[ロンドン 12日 ロイター] - JPモルガンのエコノミストは、世界的にマイナス金利が導入される可能性があるとの見解を示した。

>債券買い入れの拡大やフォワードガイダンスによる効果が限定的とし、米連邦準備理事会(FRB)やイングランド銀行(英中銀)でさえ、マイナス金利政策の採用を迫られる可能性があると指摘。金利の下限は多くが想定するよりもかなり低いと結論づけている。
>JPモルガンのマルコム・バー、ブルース・カスマン、デービッド・マッキー各氏のリポートによると、FRBは基本的にマイナス1.3%まで、英国はマイナス2.5%、ユーロ圏はマイナス4.5%、日本はマイナス3.45%まで引き下げることができるという。


いやいや、こんなレポート出しておいて、たっぷり日経先物ショートしてるんでしょ?(被害妄想)


FRB議長:マイナス金利を再検討-合法性に疑念と上院銀行委員長 (1)

>(ブルームバーグ):米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長は11日、マイナス金利について、米経済が腰折れした場合に取り得る政策手段の一つとして再検討していると述べた。これに対し、シェルビー上院銀行委員長はマイナス金利導入をめぐる金融当局の権限に疑問を呈した。

こっちはまだ現実的な話ですね。再検討してる、と言えば1種の口先介入になるでしょう。


>イエレン議長は上院銀行委員会公聴会で、米国でのマイナス金利導入に関する見解を明らかにするよう求められた。世界成長見通しの悪化で金融市場が動揺する中、一部投資家は米国でもマイナス金利が導入される可能性が強まっているとみている。

>イエレン議長は質疑に対し「当局は2010年にマイナス金利導入を検討したが、緩和拡大の面でしっかりとした効果は出ないとの判断に至った」と回答。その上で、「欧州など他国でのマイナス金利導入の実績を踏まえ、われわれは再度検討している。緩和拡大が必要となった場合に準備が整った状態にしておきたいからだ」と説明した。

このくらい慎重に進めるのが普通でしょうね。

過度のリスク回避、マイナス金利が影響とは考えない=日銀総裁

>東京 12日 ロイター] - 日銀の黒田東彦総裁は12日午前の衆院財務金融委員会に出席し、急激な円高、株安、金利低下が進む国際金融市場について「日銀のマイナス金利が影響しているとは考えない」と明言し、「投資家のリスク回避姿勢が過度に広まっている」と指摘した。

黒田総裁はバクチに出てはっきりと負けたんだから、いさぎよくした方がいいと思いますよ。

仮に半年後にマイナス金利の効果が出たとしても、その時の為替や株価は悲惨な事になっている可能性があります。そもそも即効の効果を狙ってサプライズを仕掛けたんだから、それが失敗したからと言って長期的な目標に切り替えるのはどうかと思います。

まるでデイトレに失敗して塩漬けに切り替えたダメな投資家みたいじゃないですか。

関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント


スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント