関連コンテンツ

「いつからマイナス金利で預金金利が下がると錯覚していた?」九州2信金が「逆に」金利引き上げ

預金金利引き上げ=「マイナス」不安に対応-九州2信金

>日銀のマイナス金利政策発表を受けてメガバンクなどが相次いで預金金利を引き下げる中、一部の地域金融機関の間では逆に金利を引き上げる動きが出てきた。一般の預金金利もマイナスになり、預けたお金が減少するのではないかとの顧客の不安を払拭(ふっしょく)するためという。


なるほど、そう来ましたか。マイナス金利の影響で、メガバンクなどの金利引き下げがニュースになる中で、逆に預金金利を引き上げれば宣伝効果抜群で募集効果があります。


>遠賀信用金庫(福岡県岡垣町)は、日銀がマイナス金利政策を導入する16日から個人向け1年物定期預金の金利(通常年0.025%)を年0.15%にする。1人当たり300万円の上限を設定、総額30億円まで募集する。
>熊本第一信用金庫(熊本市)は10日から新規預け入れの1年物定期預金を対象に、子育て世代が多い50歳未満で年0.1%(50万円以上)、50歳以上で0.08%(100万円以上)の金利を適用する。(2016/02/15-19:07)

もっとも、1年定期で0.1%前後の金利では現状大して高金利とは言えません。冷静に見てみればアレですけど心意気と勢いでなんとか。


マイナス金利―ハイパー・インフレよりも怖い日本経済の末路



関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント


スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント