関連コンテンツ

原油生産めぐる協議の舞台、イランに移る

原油生産めぐる協議の舞台、テヘランに移る-サウジとロシア合意後

>(ブルームバーグ):原油生産をめぐる産油国の協議の舞台は、イランの首都テヘランに移りつつある。
>サウジアラビアとロシアは16日、カタールの首都ドーハで世界的な原油の供給過剰解消に向け、増産凍結で暫定合意。これを受けて注目の舞台はドーハからテヘランへと移った。現時点でどのような合意にも批判的な石油輸出国機構(OPEC)加盟国のイランとイラクは17日、ベネズエラと会合を開く。ベネズエラは16日の合意の仲介役を務めた。

イランとイラクが増産凍結に合意すれば、原油価格のこれ以上の下落は食い止められると言われていますが…


>サウジとロシアは生産量を1月の水準にとどめる合意について、他の産油国の協力次第だと表明。イラク当局者が同国が増産凍結計画を支持する準備があると説明する一方、イランのザンギャネ石油相は若干難色を示している。コメルツ銀行によれば、3年に及ぶ経済制裁が1月に解除され、原油輸出を完全に再開するイランは石油収入回復に向け供給を増やす見通しだ。

イラクは交渉の余地がありそうですが、イランは経済制裁が解除されたばかりで増産が基本線です。


>バークレイズのアナリスト、ミスウィン・マヘシュ氏(ロンドン在勤)は、「イランとイラクは増産を計画しているため、いかなる合意に対しても批判的だ。両国が同調しなければ他の産油国による増産凍結の影響はあまり大きくないだろう。両国以外の産油国は既に生産能力の上限に近い量を生産している」と指摘する。

>ラン石油省のシャナ通信が16日報じたところによれば、ザンギャネ石油相は同国が「市場シェアを諦めることはない」と述べた。同石油相はイラクのアブドルマハディ石油相、ベネズエラのデルピノ石油相と会談予定。デルピノ石油相は今月に入ってモスクワやリヤドを訪問し、16日に発表された合意に向け調整を行った。

>コメルツ銀行の商品調査責任者、オイゲン・ワインベルク氏はイランについて、「経済制裁解除に向け数年間にわたって闘ってきた国が自ら生産抑制に合意するのは非現実的だ」と指摘した。  

他の産油国は生産量が最高水準にあるので、増産凍結、又は将来の減産に応じる可能性はあります。一方でイランは今まで無かった石油輸出収入が入るので値段が下がろうとあまり関係ない、むしろ増産して市場シェアを回復しなければいけない立場です。

要するにイランと他の産油国は利害が対立しています。

交渉事は利害さえ一致すれば、大抵の政治的、宗教的対立は乗り越えてまとめる事ができます。逆に利害が対立する交渉は絶対にまとまりません。原油価格の反発に賭けるなら、生産量調整以外の要素(見落としていた需要があったとか)を見つけるか、それともこの交渉がなんらかのウルトラC(古い)でまとまる必要があります。そういうシナリオを書いて原油価格の反発で原油王になるトレーダーが現れないかな?と思っています。

その一方で原油価格の暴落で破産するトレーダーも出てくる可能性も十分にあると思っています。これ以上は下がらないだろう、というラインからの下落が一番キツイからです。

関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサーリンク