関連コンテンツ

イラン原油増産凍結合意への支持表明、協調に応じるかは明言せず

イラン、原油増産凍結合意への支持表明 協調に応じるか明言せず

>アンカラ/ドバイ 17日 ロイター] - イランのザンギャネ石油相は17日、原油価格安定に向けた主要産油国の増産凍結合意を支持するとの立場を表明した。だが、同国も足並みを合わせ生産を抑制するかどうかについては明言を避け、制裁下で失った市場シェアを取り戻したい意向を鮮明にした。

増産凍結を支持するが、イランも生産抑制に協調するかは明言を避けるという従来どおりの立場を表明。それでも一応原油先物は反発したようです。


>今回の会談をめぐっては、増産凍結合意の実効性の鍵を握るとされるイランに対して、特別な条件が提示される可能性があるとの見方が出ていた。
>エネルギー・コンサルタント会社ペトロマトリックスのオリビエ・ジェイコブ氏は、サウジが産油量を1月の水準で凍結する場合、夏場に輸出を日量50万バレル減らす必要があると指摘。「そのため増産凍結は、イランが輸出を再開できる余地をサウジが非公式に確保していると解釈できる」と分析した。

イランの増産分をサウジアラビアが生産調整して確保するという事なんでしょうか。具体的な公式な表明は無く今後も微妙な協議が続きそうです。

関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント


スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント