関連コンテンツ

確定申告に行ってきました。早期リタイア後の収入と税金について。

配当金生活や早期リタイア後の副収入…税金については何度か記事にしていますが、平成27年の収入については以下の金額で確定しています。(株式譲渡益を除く)

・配当 301万8,856円(税引き前)
・雑 38万2024円
 合計 340万880円

各種控除の合計額は118万9010円でした。

これをこのまま確定申告すると、配当控除と所得税の差額が還付されます。しかし国民健康保険料が劇的に上がるので、国保の高い自治体だとひょっとしたらマイナスになるかもしれません。私の場合、ざっと計算した所プラスにはなるようです。国保の支払いをリクルートカードプラスでチャージしたnanacoで払う事を考えると、そこでもさらに2%還元されます。

しかし…数十万円分の社会保険料をチャージ制限のあるnanacoでせっせと払い続けた昨年の記憶が蘇り、あんなことを毎年したくない、という気がしてなりませんw

作業時間で考えて、時給換算でアルバイト程度の収入に相当するならやってもいいかな、と思います…というかやるべき所なのでしょうが、手間暇を考えて今年はヘタレやめする事にしました。

理由のひとつとして課税所得が200万円を超えると所得税率が10%になるというのがお得感が無いという気がします。所得税率が5%で国保の安い地域なら、モチベーションも上がるのですが。独身子無しで使える控除が少ないというのもありますね。


前置きが長くなりましたが、配当所得は源泉徴収のままとし、確定申告する所得は雑所得のみとしました。

雑所得の内訳は、

アフィリエイト 32万661円
ソーシャルレンディング分配金 6万1363円

控除金額が所得金額を上回っているので、当然所得税はゼロですが、ソーシャルレンディングについては分配金から源泉徴収で税金が引かれているので、確定申告することによりこの分が還付されます。

金額にすると1万2399円が還付される事になります。

まあ今年はこのぐらいで勘弁してやろうと思います。

しかし控除が大幅に余っているのがもったいない気もしますね。パートタイムに出る人の気持ちも分かります。しかし私は断固として働きませんよ。

いちばんわかりやすい確定申告の書き方 平成28年3月15日締切分―――2016年版



関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
こんばんは。

その申告内容でしたら、国民年金の全免を受けることも可能ですね。
役所か年金事務所の窓口に紙切れを出すだけの簡単なお仕事ですから、
時給換算すると相当なモノになるのではないでしょうか?w
Re: No title
> こんばんは。
>
> その申告内容でしたら、国民年金の全免を受けることも可能ですね。
> 役所か年金事務所の窓口に紙切れを出すだけの簡単なお仕事ですから、
> 時給換算すると相当なモノになるのではないでしょうか?w

そうですね。一応払える内は払っておこうというスタンスです。
将来相場で大損こいたら、その時は粛々と免除の手続きを取らせて頂きます。
No title
個人事業主にされれば、経費が落とせるので税率は下がると思います。
この売上ですと、税金と保険はほぼ払わなくても良いのではないでしょうか。
ただ、領収書を集めたりしなくてはならないし、申告も面倒になりますが...
Re: No title
> 個人事業主にされれば、経費が落とせるので税率は下がると思います。
> この売上ですと、税金と保険はほぼ払わなくても良いのではないでしょうか。
> ただ、領収書を集めたりしなくてはならないし、申告も面倒になりますが...

経費を計上しなくても控除が余っているのでもともと税金は払わないで済みますね。

国保については控除前の所得に掛かってくるので、確かに経費を計上して所得を減らす意味はあります。個人事業主じゃなくても経費は計上できるのでドメイン代とか参考図書代は上げてます。国保は最低負担以下には下がらないので、所得が少ないとあまり意味が無いですね。

ただ配当所得を確定申告すると当然経費とかは引けないので、国保の負担が極端に大きくなるという意味です。

No title
はじめまして。いつもブログを拝見させていただいております。
今回の記事で、『確定申告』について私の認識と違いましたので質問させてください。
私は、昨年半ば頃まで会社員でしたが現在は退職し無職です。
昨年の給与所得を確定申告するべきか悩んでいます。(医療費控除もそれなりの額あります)
ただし、配当所得及び株式譲渡所得(特定口座源泉あり)もあり、確定申告をした場合には配当所得及び株式譲渡所得の金額も記載(申告?)しないといけないものだと思ってました。この場合、所得税・住民税はすでに払っていますが、来年度の国民健康保険料の計算には含まれてしまい保険料が跳ね上がってしまうと思っていました。(国民年金の免除も)
今回の記事を読ませてもらったところ、私の認識は間違いだったということでしょうか?
確定申告をした場合、配当所得及び株式譲渡所得の有無すら知らせる必要がないのでしょうか?それとも知らせる必要はあるけど、国民健康保険料の計算等には影響がないということでしょうか?
よろしければご回答していただけるとありがたいです。
Re: No title
> はじめまして。いつもブログを拝見させていただいております。
> 今回の記事で、『確定申告』について私の認識と違いましたので質問させてください。
> 私は、昨年半ば頃まで会社員でしたが現在は退職し無職です。
> 昨年の給与所得を確定申告するべきか悩んでいます。(医療費控除もそれなりの額あります)
> ただし、配当所得及び株式譲渡所得(特定口座源泉あり)もあり、確定申告をした場合には配当所得及び株式譲渡所得の金額も記載(申告?)しないといけないものだと思ってました。この場合、所得税・住民税はすでに払っていますが、来年度の国民健康保険料の計算には含まれてしまい保険料が跳ね上がってしまうと思っていました。(国民年金の免除も)
> 今回の記事を読ませてもらったところ、私の認識は間違いだったということでしょうか?
> 確定申告をした場合、配当所得及び株式譲渡所得の有無すら知らせる必要がないのでしょうか?それとも知らせる必要はあるけど、国民健康保険料の計算等には影響がないということでしょうか?
> よろしければご回答していただけるとありがたいです。


はじめまして。

税務署に聞いて下さい…と言いたい所ですが、簡単に言うと特定口座の源泉徴収有りだと、確定申告した時に配当所得及び株式譲渡所得を申告してもいいし、しなくてもいいという事です。有利な方を選んで下さい。配当所得だけ申告して株式譲渡所得を申告しないのもありです。

配当所得及び株式譲渡所得の有無は証券会社から税務署へ連絡が行っているので税務署は当然把握してます。特にこちらからアクションを起こす必要はありません。

以上は私の理解で、私は税務の素人なので内容の正確さには一切責任を持ちません。疑問点があったら税務署に必ず確認して下さい。
No title
ご回答いただきありがとうございました。
詳しくは税務署に確認してみます。
No title
昨年、住民税100万円超えでしたが、市役所にお願いして4期分を12期分に分割してもらい、nanaco二枚で毎回払いました。根性以外の何物でもないですが、あまりに高い住民税と国保に対抗するための手段として、やり切りました
Re: No title
> 昨年、住民税100万円超えでしたが、市役所にお願いして4期分を12期分に分割してもらい、nanaco二枚で毎回払いました。根性以外の何物でもないですが、あまりに高い住民税と国保に対抗するための手段として、やり切りました

分割+二枚は頑張りましたね!クレカも2枚必要ですしね。

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント