関連コンテンツ

短期決戦型のダイエットはほとんど失敗するし、成功しても筋肉貧乏になって寿命を縮める危険性が。

大谷や藤浪が挑むプロ野球のマッチョ化トレンドは正解か?危険か?

>プロ野球の自主トレも、そろそろ打ち上げとなるが、体重増加に取り組んでキャンプインを迎える選手が少なくない。オフに100キロオーバーを果たした日ハムの大谷翔平(21)、5キロ増の97キロにした阪神の藤浪晋太郎(21)、横浜DeNAの梶谷隆幸(27)も一日5食とハードトレで約10キロ増量に成功、過去最重量となる88.5キロの肉体を作り上げた。昨年は、京大初のプロ野球選手として話題を集めたロッテの田中英祐投手(23)も約2キロ増量したという。また阪神の金本新監督は、強制的にウェイトトレーニングに時間をかけるキャンプスケジュールを組み、チームを丸ごとマッチョ化させる計画を練っている。


アスリートが体重を増やしてパワーアップを図ることは、是か非かというのはよく話題になります。ひとつ言えるのは短期間に体重を増やすと長期的には失敗する可能性があるということです。


>桑原氏は、ボクシングで3階級制覇に成功した八重樫東らの格闘家や、プロゴルファーなど多くのトップアスリートを指導してきた。野球選手では、オリックスの糸井嘉男や阪神の伊藤隼太にサプリメント指導をしているが、「オフの間に体を鍛えたい」という選手に「目的は?」と聞くと、ほとんどの場合、「来シーズンのために」という答えが返ってくるという。だが桑原氏は、「その考えが間違いだ」と指摘する。

>「3年後に理想の肉体を完成させるイメージを持つべきなのです。体格によって個人差はありますが、一般的には、1か月に2キロ以上を急激に増やすと、脂肪を伴った増量となり筋肉の効率が落ちると言われています。できるならば、1か月に1キロ、5か月で5キロを増やして、次に2か月をかけて3キロを減らす。すると正味の筋肉が2キロ増えるわけです。そういう作業を根気強く続けながら、3年後にバランスのとれた肉体を作るのが理想。一日に何食も食べたりして、急ぎすぎる増量は逆効果です」


これをアスリートの増量ではなく一般人のダイエットに当てはめると、トレーニングして3キロ増やして5キロ減らすというイメージですかね。またはその逆(あくまでイメージの話です)。差し引き2キロ減ですが、筋肉量はあまり減っていません。トレーニングをせずに食事制限だけで2キロ落とすのは簡単ですが、筋肉量もガッツリ減るのでカロリー消費量が減って将来のリバウンドに繋がるし、年を取ると足腰が弱ってもっと深刻な問題に発展します。

食べて痩せるのがダイエットの王道というのはそういう事です。

ただこのイメージだと最低でも半年から1年、ストイックな人だと肉体改造に3年ぐらいかかりそうです。日々の体重の増減に一喜一憂せず、そこまでやればそりゃ成功しますよね。ああ、これは投資の世界も同じ事でした。

関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサーリンク