関連コンテンツ

上海G20声明発表、通貨安競争の回避を確認

上海G20、市場安定へ政策総動員 通貨安競争の回避確認

>上海 27日 ロイター] - 上海で開いた20カ国財務相・中央銀行総裁会議(G20)は27日、均衡の取れた成長や市場の安定に向け、財政を含めたあらゆる政策手段を動員することを明記した共同声明を採択し、2日間の討議を終えた。


G20では(あまり期待されていなかったが)各国の具体的な政策協調は無しで、通貨安競争の回避だけは明言されました。

基本的には中国の再度の人民元切り下げの懸念が薄れたので、これで為替市場が落ち着いてくれればいいんですけどね。

日銀のマイナス金利については黒田総裁が言うには各国の批判は無かったそうですが、議題に登ったという報道もあり、会議が非公開なのでわかりませんが通貨安競争の回避と言う点では中国と日本が一番の問題児なのは明らかなので問題にならないわけはないですよね。

リーマンショックの時のような危機ではないという認識が強調されて、各国でそれぞれバラバラに金融市場の動揺に対応するとなると大丈夫かな〜という一抹の不安が残ります。あまり市場に安心感をもたらすようなG20にはならなかったようです。

関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント


スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント