関連コンテンツ

サウジアラビアの今後の敵は積み上がった過剰在庫

米シェール企業との闘いに勝利したサウジ、新たな敵と対峙へ

>(ブルームバーグ):サウジアラビアは、米シェール企業との市場シェア争いに勝利しても、新たな敵と対峙(たいじ)することになりそうだ。
>相手は近隣の宿敵イランや復活したイラク、長期にわたって競合するロシアではない。もっとありきたりの在庫という敵だ。過剰生産が終了しても2014年以降積み上がった10億バレル余りに上る過剰在庫は維持され、原油価格にとって下押し圧力となる見通しだ。国際エネルギー機関(IEA)は、在庫は17年末まで増加を続け、過剰在庫の解消には数年を要する可能性があると予想している。


アメリカのシェールガス潰しでサウジアラビアが増産している、というのはずっと言われていましたが、目的を達成して増産を停止しても積み上がった過剰在庫があります。


>IEAのデータによれば、先進国の原油在庫がほぼ平均水準だった14年後半と今年の年末の間に世界の在庫は11億バレル増加する見通し。17年にはさらに3700万バレル増える見込みだ。IEAの在庫減少ペース予想に加え、エナジー・アスペクツが示している2億9000万バレルが中国の戦略備蓄に振り向けられるとの見通しに基づけば、過剰在庫が解消するのは21年になると予測されている。


過剰在庫が解消するのは21年になると予測されている、というのはなかなか先の話ですね。現在の原油価格にはどれぐらい先の需給が織り込まれているのでしょうか。何か隠れていた需要でも見えてこない限りさすがに1バレル100ドル超といった時代はもう当分来ない気もしますね。

原油さえ値上がりすれば現在の懸念材料の殆どが解決するんですけどね。新興国の経済も潤うし、インフレ材料になるので日銀も歓迎します。ダメになるのは航空会社や運送会社の株価と航空運賃の値上がりを食らう旅行者ぐらいです。

もっとも原油高になってもインフレにならなかったら、いよいよ日銀の説明が苦しくなってきますが。消費増税のせいだとは言えないですからね。

関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
こっそり地中に戻して在庫を減らす、、、なんてできないもんなあ。。。
精製前だったらできんのかなw
Re: No title
> こっそり地中に戻して在庫を減らす、、、なんてできないもんなあ。。。
> 精製前だったらできんのかなw

そんな馬鹿なw

イランやゲリラの立場だと値段はいくらでも売れば売るだけ利益ですからね…
中東勢は採掘コストが安くて地面から油が湧いてくるんだから羨ましい限りですよ。サウジは価格を左右する立場だから責任がありますけど。

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント