関連コンテンツ

自宅のネット回線は単身層でモバイルWi-Fiルーター、ファミリー層で光回線が多い。格安SIM利用率は中年層が突出。

自宅のネット回線、単身層ではモバイルWi-Fiルーターも一般的に、ファミリー層では光ファイバー利用率が60%超え

>株式会社カカクコム(価格.com)は4日、「スマホ・インターネットの利用実態調査」の結果を発表した。全国の15~69歳の4792人を対象に2月10~12日、ウェブアンケートで調査したもの。

カカクコム調べです。


>自宅のインターネット回線は、ファミリー層において光ファイバー利用率が2人世帯で61.1%、3人以上の世帯で61.4%。単身層では、10~20代で45.2%、30~40代で46.5%、50~60代で61.3%。

ファミリー層では光回線が多数派なんですね。自宅でのネットの利用は安定した高速回線を前提としたものになってきてます。


>モバイルWi-Fiルーターの利用率は、ファミリー層の2人世帯で5.6%、3人以上の世帯で6.1%。単身層では、10~20代で18.4%、30~40代で19.4%、50~60代で9.9%。

Wi-Fiルーターの利用率も高いですね。これはカカクコム調べというのも影響してるかも。


>このほか、格安SIM利用率は2人世帯で4.6%、3人以上の世帯で4.8%。単身層では、10~20代で5.3%、30~40代で13.6%、50~60代で4.4%。

中年層の格安SIMの利用率が突出して高いです。

これは面白い現象です。10代、20代の利用率が低いのは、認知度が低いというより単に使いたくないからじゃないかと個人的に思います。女子高生などは異常にiPhoneの使用率が高く、見栄もあるんじゃないですかね。

買い与えた格安SIMフリーAndroidスマホがダサくて娘が泣いた、という話も聞きますw

関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント


スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント