関連コンテンツ

ドラギ砲はまた不発なの?

ECBが追加緩和、一段の利下げ否定に「バズーカ不発」批判

[フランクフルト 10日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)は10日、主要3金利の一斉引き下げや月額の資産買い入れ枠拡大を含む一連の追加緩和策を発表した。景気を支援するとともに、低インフレの定着回避を狙う。

ドラギECB総裁は理事会後の会見で「(低インフレの)二次的影響を回避することが極めて重要」と強調。包括的な追加緩和策を決定したのは、異例の低インフレが経済全般に波及するのを防ぐためと説明した。

市場は当初、事前予想を上回る大胆な金融緩和パッケージを素直に好感したが、ドラギ総裁が追加利下げの可能性は低いとの考えを示したことで流れが一変、ユーロは急反発した。予想を下回る追加緩和策で失望を誘った昨年12月と同様、ドラギ総裁は市場との対話に再び失敗したとの批判も上がった。

ECBは、主要政策金利のリファイナンス金利を予想外に0.05%から0.00%に引き下げた。上限金利の限界貸出金利も0.30%から0.25%に引き下げた。下限金利の中銀預金金利はマイナス0.30%から、市場予想通りマイナス0.40%に引き下げた。

資産買い入れ規模を月間600億ユーロから800億ユーロに拡大する。買い入れ額は、市場予想の700億ユーロを上回った。




市場予想を上回る緩和内容を好感して上昇→会見で追加利下げの可能性を否定して失望され下落、という流れだったみたいですね。

現時点では市場の評価は分かれているものの、やや失望寄りという感じですかね。

ドラギ総裁としては黒田日銀のような階層構造のマイナス金利の適用を否定して、マイナス金利をどんどん拡大するという市場の緩和期待を牽制したいもののようです。


ECB、量的緩和の次の実験場は113兆円規模の社債市場

ブルームバーグ):欧州中央銀行(ECB)の資産購入プログラムの次の標的は9000億ユーロ(約113兆円)規模の社債市場だ。
ECBは10日、量的緩和(QE)での購入対象に投資適格級のユーロ建て社債を加えると発表した。
成長支援とデフレ阻止のための購入対象を、国債や住宅ローン担保証券だけでなく社債にまで拡大する。社債は通常、無担保のため、これを購入対象に加えるのは中銀がリスクに関するハードルを下げたことを意味する。
インベスコのファンドマネジャー、リンドン・マン氏は「これはクレジットバズーカだ」と述べた。「大きな驚きだ。市場は国債に準じるような証券または機関債などへの対象拡大を予想していた。金融債以外の社債というのは大きな意味を持つ」と続けた。



金利政策について評価が別れる一方で、世界的な社債市場に与える影響は大きいようです。

黒田日銀のマイナス金利政策も評価は分かれるものの、少なくとも国債の利回りを世界規模で押し下げる効果は発揮しています。今回のドラギ砲も社債に買い入れ対象を広げる(日銀もマイナス金利ではなくこれをやると言われていた事もあります)事で世界的に社債の利回りを押し下げる効果があると思われます。

市場の短期的な評価の上下はともかく、金利の低下によって絶対に緩和効果が出てくる…これは黒田総裁も強調している事ですがどうなんですかね…

G20で通貨安競争はしない、という声明を出したばかりでもうユーロが乱高下していますが、欧州の3月の緩和はG20前からの既定路線だったので、これはノーカンって事ですかね。追加緩和をやるやるといってやらなかったら大変な事になりそうなので、これは仕方ないかと。

関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

コメのこし
ECBのツイートからすれば長期安定的な安らかな社会環境造成をしたい様ですね。其の為の緩和瀬策だと云う事ではと思います。道理は合ってるので成程と思ってます。
Re: コメのこし
> ECBのツイートからすれば長期安定的な安らかな社会環境造成をしたい様ですね。其の為の緩和瀬策だと云う事ではと思います。道理は合ってるので成程と思ってます。

そうですね理屈は通ってます。

スーパーマリオ氏は口先介入が上手いという評判でしたが、昨年12月からがっかり緩和の流れが続いているので、もう淡々と政策発表して余計な事は言わない方がいい気がします。市場が短期的なバズーカ効果しか期待していないので、受け取る方の問題もありますね。

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント