関連コンテンツ

既に生活保護以下の貧困老後を送っている早期リタイア者

そもそも国民年金の受給額が生活保護以下なんですよね。

これは国民年金が狂っているのか、生活保護が狂っているのかわかりませんが、今時の早期リタイア者はそこに興味はありません。つまり、どっちもアテにはしてません。

早期リタイア者は生活水準を自然と下げていく傾向があり、その結果、「健康で文化的な最低限度の生活」を生活保護にも年金にも頼らずセルフビルドで達成している人もいます。

金額だけでハタから見ると、これは生活保護以下の生活水準で困窮している貧困老後に見えます(「老後」の定義があいまいですが、仕事をやめて引退したらもう老後と言えるかも)。

つまり生活レベルを下げて貧困老後を送る事が早期リタイアの最適解?という倒錯した状況になっているのですね。

それもこれも社会保障をアテにせず、アテにできず、自力で生きていこうとしたらそれが一番確実だからでしょう。

もちろん早期リタイア者は資産があるので、本当の貧困老後生活者と違ってその気になれば生活レベルを上げることはできます。できないのと、できるけどやらないのは大きな違いがあります。

ただ実感としては貧困生活というよりは単にメリハリのついた消費生活じゃないか?と思ってます。趣味的な割りと高いものでもポンと買えます。旅行にも行けます。なぜかと言うとサラリーマンをドロップアウトすると見栄を張って見かけ上の生活レベルを上げる必要が無いので、内実は意外と余裕があり豊かと言えるからです。

見かけ上のショボさと内容にギャップがあるのかも。「となりの億万長者」もこのパターンです。

となりの億万長者 〔新版〕 ― 成功を生む7つの法則



関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
国民年金は、自営業者等、他の年金制度に加入できない人を想定して設立されました。
自営業者等には定年がないので、リタイアして国民年金のみで暮らしていくことを想定していません。
自営業者等は自分で働ける限り働けばいいんです。
だから手厚い年金を想定していません。
定年制度のある給与所得者と定年制度のない自営業者等に同様の年金制度を用意する必要はありません。
こういう基本的な理解のない人達が国民年金の受給額の低さに文句を言うのですが、まったくの勉強不足にほかありません。
Re: No title
> 国民年金は、自営業者等、他の年金制度に加入できない人を想定して設立されました。
> 自営業者等には定年がないので、リタイアして国民年金のみで暮らしていくことを想定していません。
> 自営業者等は自分で働ける限り働けばいいんです。
> だから手厚い年金を想定していません。
> 定年制度のある給与所得者と定年制度のない自営業者等に同様の年金制度を用意する必要はありません。
> こういう基本的な理解のない人達が国民年金の受給額の低さに文句を言うのですが、まったくの勉強不足にほかありません。

そりゃそうです。終身雇用制度自体が崩壊しているので、年金の基本設計が古すぎて時代に対応できないのが確定しているのが問題だと思います。単に年金と書けばよかったかな。
No title
最初のコメントの方自営業なんでしょうね。
今の時代個人事業主で行ける人はかなり幸せなんじゃないでしょうか。
それでこんなコメントを書けるのでは。それともこの人大企業並みの高給と
共済年金たっぷりのお役人?
現実を殆ど理解していないようです。現実は国民年金の7割は非正規か無職。
同じく自営業対象の国民健康保険も7割が非正規か無職。
すでに高度成長期のモデルは完全崩壊しているのです。
Re: No title
> 最初のコメントの方自営業なんでしょうね。
> 今の時代個人事業主で行ける人はかなり幸せなんじゃないでしょうか。
> それでこんなコメントを書けるのでは。それともこの人大企業並みの高給と
> 共済年金たっぷりのお役人?
> 現実を殆ど理解していないようです。現実は国民年金の7割は非正規か無職。
> 同じく自営業対象の国民健康保険も7割が非正規か無職。
> すでに高度成長期のモデルは完全崩壊しているのです。

年金の話題はこんなもんでしょうね。昭和の時代は零細自営業が多かったけど今は不安定なサラリーマンが大多数で社会構造が変わってますから。早期リタイア者はもはやそういう階層間の争いの外にいます。

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント