年金保険料と国民健康保険料の負担って重いですよね…

国外脱出する、日本を棄てる、という極端な意見を除けば、この重い社会保障費の負担から逃れる方法ってあるんですかね。

もちろん選挙によって国の制度を変えていく、という壮大な方法はありますが取り敢えず現行の制度下で自力でできる方法は主に2つあると思います。


1 高額所得者になる

年金保険料は所得が増えても定額、国民健康保険料は所得に応じて上がりますが、上限があり例えば東京23区だと年間85万円ぐらいで止まるようです。つまり高額所得者になれば相対的に社会保障費の負担感は減ります。そのかわり所得税が跳ね上がりますが、そこは頑張って節税して下さい。言い換えるとサラリーマンでは無く高額所得の事業家になるという事ですね。


2 低額所得者になる

思い切って低額所得者になれば年金保険料は免除されます。国民健康保険料も最低負担です。その代わり所得が無くカスミを食って生きるわけにもいかないので、生活保護が嫌なら総合課税の対象になる所得に依らないで生きるしかありません。ニート(ヒモでも可)になるか、貯蓄を切り崩すか、もしくは分離課税される配当所得か株式譲渡所得で生活、つまり専業投資家になるのはどうでしょうか?最近は社会性のあるホームレス、つまり小屋ぐらししている若い人もいるようです。


どちらを選んでも上手くいけば早期リタイアに繋がりますね。ただしどちらも軌道に乗るまではしんどそうだし、将来的な不安は尽きません。

しんどいのも不安なのも嫌!という人が圧倒的多数で、そういう大多数のサラリーマンから費用を徴収する事によってなんとか手厚い社会保障が成り立っているのが現状だと思います。

社会が変わらない、変えられないとしたら自分の働き方を変えるぐらいしか無いですね。

関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活