関連コンテンツ

社畜残業ゲーム「この過労死がすごい!」がすごい!

「この過労死がすごい!」がすごい!  驚くべきリアルな“社畜”ルールとは

「この過労死がすごい!」がすごい。2015年秋のゲームマーケットに出品され、約1時間で持ち込んだ100部が完売したという話題のカードゲームだ。いったいどのようなゲームなのか。

「この過労死がすごい!」は、“社畜”となったプレイヤーが、「残業カード」(残業の中身と時間が書かれたカード)や「業務外カード」といった計62枚のカードを駆使して残業に励み、残業代(ブユウデンと呼ばれるポイント)を稼ぐゲームだ。他の社畜(プレイヤー)を蹴落とし、“カロウシ”のリスクを免れながら、いかに多くの残業時間を上積みできるかが勝利のカギとなる。



>残業カードには、「ちょっと5分だけ会議」(1時間)、「クレーム対応」(3時間)、「炎上プロジェクト」(30時間)などがあり、涙を誘う。業務外カードは「組合活動」(1時間)、「社内運動会」(3時間)、「葬式手伝い」(5時間)などで、これまたリアルだ。

あるあるだなあ、と思います。身につまされてプレイできない人もいると思うので、シャレの分かる人を集めてプレイしたら面白そう。現在インターネット注文で入手可能だそうです。

関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント


スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント