関連コンテンツ

しまなみ海道の旅(尾道~向島)

前回四国側の来島海峡を紹介したので、今回は本州側の尾道水道の渡り方を紹介します。

尾道から細い尾道水道を渡って対岸の向島に行くには、橋を渡るか渡し船(フェリー)に乗るかですが、尾道大橋は設計が古く歩道が非常に狭いので、自転車で通るのは非常に困難です(経験済み)。また橋が高い位置にあり坂を上る必要もあるので、渡し船を利用する事を強く推奨します。

渡し船の乗り場は3か所あり、料金は70円(大人60円、自転車10円)の所と110円(大人100円、自転車10円)の所があります。
尾道水道フェリーマップ(ページ下部の所)


尾道フェリー1_convert_20160401083849


フェリーは10分間隔ぐらいでひっきりなしに往復しているので、待つこともほとんど無いでしょう。平日で通勤・通学時間ではなかったので空いてました。


尾道フェリー_convert_20160401083816


フェリーの窓から尾道大橋が見えます。


尾道城_convert_20160401083900


尾道の街の駅前方面です。丘陵上に小さくパチモノの尾道城が見えます。
尾道城(Wikipedia)


尾道船着き場_convert_20160401083918


対岸の向島の乗り場が見えてきました(最初から見えてるんですが)。


向島大橋_convert_20160401070130


向島には尾道大橋、新尾道大橋、向島大橋、因島大橋の4つの橋が架かっています。

これは一番小さな向島大橋です。向こう側に因島大橋が見えています。この橋の下を通って因島方面へ向かうのがしまなみ海道のメインルートなので、この橋自体は一度も渡った事がありません。次回は渡って寄り道してみましょうかね。
向島大橋(広島県HP)



因島大橋_convert_20160401070049


次の橋、因島大橋が見えてきたら向島は終わりです。まだまだこの辺りまではあまり島嶼部という感じでは無いですね。


瀬戸の島旅 しまなみ海道 10島めぐり




関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント


スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント