関連コンテンツ

「5万円以下で買える株」も「配当利回り3%超」も「NISA口座でもおすすめ」も株の本質とは何の関係もないですよ

2016年に入って配当利回り3%超、5万円以下で 買える株が激増中! NISA口座でもおすすめの アルバイトタイムスなど厳選4銘柄を紹介!

>少額で買える株には、わずかな金額で試しに買えるといったこと以外にも、複数の銘柄に分散投資がしやすい、NISA(少額投資非課税制度)の枠を埋めやすいといったメリットがある。また、同じ銘柄でも複数の単元をタイミングを分けて売買することもしやすくなる。従って、株価が2倍になったら、持ち株の半分を売却し、損をすることなく、配当をもらい続けるといったことも可能になるのだ。


ZAiは初心者向けの雑誌だから、こういう切り口がわかりやすく記事が作りやすいのはわかります。

しかし一番売れている投資雑誌だけに、いつまでもいつまでもこういった株の本質とは何の関係もない記事を量産し続けるのは罪が重いと思いますね。

例に挙げて申し訳ないけど、株主優待の桐谷さんとかさあ…

日本の投資家のレベルが低い理由も投資環境とか教育環境とか色々あると思いますが、マスコミに投資に対する啓蒙意識が全く無いのが大きな原因のひとつだと思います。

初心者の多くがこういった雑誌を読むんだから、もうすこし投資IQの高い記事を少しずつでも載せるようにした方がいいんじゃないですかね。それじゃ売れないのは分かりますけど、あまりにも志が低すぎません?

小口から株を買えるようになったのは基本的にはいい事かもしれませんが、株式投資の本質とはまったく関係が無いですからね。配当利回りも非課税口座枠も、株主優待も初心者の興味を引くアイテムかもしれませんが、いつまでもそれに拘っていると進歩は無いですよって事です。

こういう事を書く雑誌は売れないし広告も取りにくいでしょうが、マスコミも証券業界も一般投資家の知能指数を下げるような方向へ持って行って売上を伸ばそうとするのはいいかげんにやめた方がいいんじゃないでしょうか?未来が無いですよ。

関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント


スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント