関連コンテンツ

しまなみ海道の旅【番外編】(生名島その1)

番外編というか、今回はこっちの方がメインテーマかもしれません。しまなみ海道のメインルートから外れて、橋でつながっていない島へフェリーで渡ります。


IMG_1348_convert_20160403205047.jpg


因島の土生(はぶ)港から、対岸に見えている生名(いきな)島へ渡ります。


上島町_convert_20160403211215

島の名前ばかりでワケが分からないと思うので、位置関係を載せておきます。生名島、佐島、弓削島の3島は橋でつながっていて、しまなみ海道に対してゆめしま海道という愛称があります。知名度は天地の差がありますが…

しまなみ海道のメインルートから外れているので、なかなかここまで来るサイクリストも居ないと思います。是非一回走ってみたかったんですよね。


IMG_1359_convert_20160403205107.jpg


ところで、ゆめしま海道へ渡るフェリーの自転車料金は、現在無料になっています。

【好評につき延長決定!】サイクルフリーで上島町へ行こう!~観光客専用自転車船賃無料化事業~

きっぷ売り場などで「かみじまサイクルフリー券」を貰えるので、それに代表者の氏名と住所(市町村名まででいいです)を記入して乗船の際に切符と一緒に渡すだけでタダになります。人間の乗船料金は必要ですが片道数十円レベルです。



IMG_1361_convert_20160403205121.jpg


ゆめしま海道のエリア内には(橋を渡った佐島、弓削島も)、なんと信号機もトンネルもありません。交通量も少なくまさにサイクリストのパラダイス的なコースです。前述の通りしまなみ海道のメインルートから離れているので、穴場感があります。これは一度は走らないと損ですよ。


IMG_1401_convert_20160403205502.jpg


対岸の因島の造船所に、遠近感がおかしくなるレベルの巨大船がいました。





ググってみると昨年進水したばかりの自動車運搬船ですね。「K」のマークは川崎汽船(9107)の意味らしいですよ。


IMG_1369_convert_20160403205133.jpg


次の橋、生名橋が見えてきました。
生名橋(Wikipedia)


IMG_1374_convert_20160403205144.jpg


今回はこの生名島のキャンプ場に泊まるので、橋の下を通過して先に進みます。


IMG_1377_convert_20160403205200.jpg


まっすぐキャンプ場を目指してもいいのですが、このまま島を一周してみる事にします。小さい島なので1時間もかからないでしょう。

ニッポンのじてんしゃ旅 瀬戸内7海道サイクリングガイド (ヤエスメディアムック481)


関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント


スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント