関連コンテンツ

日本年金機構から、今年もクレジットカードによる納付額通知書が届きました

日本年金機構から、今年もクレジットカードによる納付額通知書が届きました。

>お客さまの国民年金保険料については、ご指定のクレジットカードにより右記のとおり立替納付されますのでお知らせします。

私は国民年金の納付方法として、クレジットカードによる1年前納を選択しています。クレジットカードは還元率2%のリクルートカードプラス(現在は募集停止)です。

過去の記事:国民年金保険料の納付方法について


IMG_1758_convert_20160406152241.jpg


付加年金の付加保険料は納付してませんので、平成28年度の納付金額は191,660円です。

これが5月にクレジットカード払いで一括で納付されます。

ところでリクルートカードプラスについては「nanaco」へのチャージがポイント加算の対象外になることが決定し、一部のポイント乞食界では話題になりました。リクルートカードプラスで「nanaco」へチャージしてコンビニで税金や国保料を払う事で2%還元を受ける技は封じられたわけです。

参考記事:【悲報】リクルートカードプラス、「nanaco」、「モバイルSuica」へのチャージはポイント加算の対象外へ【終了】

しかし国民年金保険料は「nanaco」を経由することなく、クレジットカード払いで直接納付する事ができますからまだ2%還元の恩恵を受ける事ができます。もちろん前納制度による割引自体も有効です。この還元率が引き下げられない限り、年会費を払ってもリクルートカードプラスを維持する意義はありますね。

高還元率のカードを持っていない、あるいは持たない主義の人は割引率を考えて、口座振替の1年前納か2年前納がベストでしょう。毎月納付はあまり意味が無いので一括で納付するのがきつい人はせめて6か月前納か、もしくは本当にキツければ減免や免除申請も検討する事になります。

図解でわかる社会保険 いちばん最初に読む本 【改訂3版】


関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント


スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント