関連コンテンツ

馬券で生活することは可能か?という話

馬券、というか公営ギャンブルの勝ち分で生活することは可能でしょうか。

考えるまでもなく不可能、と答えるのは簡単ですが、相場の利益で生活する専業投資家(相場師)という似たような人たちが存在する以上、ちょっと真面目に考えてみる価値はあります。この問題に対する見解を聞けばその人の金融リテラシーがある程度分かります。

資産運用というのはギャンブル要素を多分に含んでいるからです。


馬券裁判で有名になった馬券師がいます。

控除率25%、つまり期待リターンがマイナス25%の競馬で生活できる程勝てる馬券師は存在しない、というのは定説です。世の中にはそういう人もいるのかもしれないが、やっぱり都市伝説だよね、と私も思っていました。

しかし実際に馬券で継続的かつ長期的に勝ち累計で1億円以上の利益をあげた人がいて、ハズレ馬券は経費か否かの裁判が行われて裁判記録が残された事によって、馬券で食う馬券師は実在する、ということになりました。

卍の投資競馬術

怪しげな噂では無く公的な記録に残ったというのは凄いですね。なんせマルサが入ったので馬券の購入金額から払い戻し(配当金)金額の全てが明らかになりました。

期間は平成17年から平成21年までの5年間。馬券の総購入金額は35億800万円。配当金額は36億6300万円。利益は1億5500万円。回収率は104.4%。マイナスになった年は一度もなし。


この馬券師のサイトのタイトルは「卍の投資競馬術」で、馬券をギャンブルでは無く投資として捉えていた事がわかります。まあ詐欺業者は怪しげな話を「絶対確実な投資」として売り込むものですが、この人の場合は本物だったわけです。

本来の期待値がマイナス25%であることを考えると、5年間に渡って累計35億円を超える馬券を買って回収率がプラス4%以上というのは驚異的です。もし控除分が無かったらウォーレン・バフェット以上のハイペースで資産が増え続ける事になります。

長くなりそうなので続きます。

馬券裁判“本人”が初めて明かす! 「馬券裁判 ─競馬で1億5000万円儲けた予想法の真実─」



※本文中の数字は全て本書から引用しています。

関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
すげえなあ。
一部とはいえ勝てる人がいるのも事実ですね。
でも宝くじでも当たる人はいるわけで、それと同じことなのかな。
一度もマイナスになったことがないなら運だけでもなさそう。
Re: No title
> すげえなあ。
> 一部とはいえ勝てる人がいるのも事実ですね。
> でも宝くじでも当たる人はいるわけで、それと同じことなのかな。
> 一度もマイナスになったことがないなら運だけでもなさそう。

詳しくは本書参照ですが、基本的には株やFXのシステムトレードと同じ手法です。
必要なのはパソコンと馬券ソフト、IPAT口座と資金と理論と競馬知識と忍耐と情熱…つまりほとんど全てが必要です。凄いなあ、宝くじとはほど遠いです。

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサーリンク