関連コンテンツ

馬券の配当金は一時所得になります。ただし…天才馬券師は別。

馬券の儲けは一時所得扱いになります。

一時所得には特別控除額最高50万円があるので、馬券の儲けから経費を引いた金額が50万円以上になれば確定申告しなければなりません。

No.1490 一時所得(国税庁HP)

この経費として認められるのは当たり馬券だけで、一時所得の性格上ハズレ馬券は経費として認められません。

件の馬券裁判の結果、次の場合のみ馬券の払戻金がハズレ馬券も経費に計上できる「雑所得」と認められました。長いですが引用します。

(注)1 馬券を自動的に購入するソフトウエアを使用して独自の条件設定と計算式に基づいてインターネットを介して長期間にわたり多数回かつ頻繁に個々の馬券の的中に着目しない網羅的な購入をして当たり馬券の払戻金を得ることにより多額の利益を恒常的に上げ、一連の馬券の購入が一体の経済活動の実態を有することが客観的に明らかである場合の競馬の馬券の払戻金に係る所得は、営利を目的とする継続的行為から生じた所得として雑所得に該当する。

2 上記(注)1以外の場合の競馬の馬券の払戻金に係る所得は、一時所得に該当することに留意する。


競馬の馬券の払戻金に係る課税の取扱い等について(国税庁)

な、長いですね…要するに卍氏の馬券ソフトと独自の指数を使った馬券の大量かつ継続的な自動購入という手法(株やFXのシステムトレードのようなもの)が、「客観的に明らかである」レベルでギャンブルではなく経済活動であると認められた訳です。税務署や裁判所からこのお墨付きを得るのは並み大抵の事では無いと思います。

並みの馬券師のレベルでは、雑所得扱いを勝ち取るのは難しいですね。

現在これとは別の馬券裁判が進行していて、そちらはシステム的な馬券購入の方法を取っていないので、その結果次第ではこの通達もまた改正される可能性はあります。

ところで納税額の大幅減額を勝ち取った卍氏ですが、それでも手元に残ったお金はほぼゼロか、それ以下のようです。1億数千万円の利益に対して、多額の裁判費用と減額された税金(無申告による加算税もプラス)を引くと、それでも数千万円は残る計算になりますが、その殆どは2008年のリーマンショックで失ったそうです。

卍氏は儲けの一部をBRICs関連のアクティブファンドで運用してたようです。天才馬券師も報われませんね…

過去の関連記事:裁判所が認めた、馬券で食うプロ馬券師
過去の関連記事:馬券で生活することは可能か?という話

馬券裁判“本人”が初めて明かす! 「馬券裁判 ─競馬で1億5000万円儲けた予想法の真実─」




関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント


スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント