関連コンテンツ

資産課税なんか成立するはずないじゃん、あほか

資産課税導入で富裕層にお金を使わせる

税制に関する私の考え方は昔から変わっていない。道州制のような新しい統治機構ができたタイミングで税制改革を行って、資産税と付加価値税の2本立てにするのだ。

資産税についていえば、国民の固定資産と金融資産を足し合わせて3500兆円ある。法人部門の固定資産や内部留保などを全部足すと1500兆円。合わせて5000兆円。これに1%課税すれば税収は50兆円。一方の付加価値税は軽減税率のような面倒なことはやめて一律10%とすると、GDPの10%で50兆円。資産税の50兆円と付加価値税の50兆円を合わせれば100兆円。政策に必要な経費(予算)を70兆円前後確保したうえで、毎年20兆~30兆円ぐらいの借金を返していける。そうやって返済の意思を明確に示せば、市場も安心し国債の暴落は起きない。



トンデモ経営コンサルタントの、大前研一のコーナーより。

トンデモ意見だからといって、笑ってもいられません。失敗に終わりましたが、大前研一は一時は天下を取りかけた橋下徹の日本維新の会のネタ元でもあるからです。維新の会のマニフェストの中にも資産税の話はしっかりとありました。

資産税のメリットの一つは相続に対する中立性だ。資産を相続した人が毎年1%ずつ払っていけばいいのだから、相続税を払う必要はない。今の日本社会で家族関係を歪ませている最大の原因は相続だが、資産税にすることで相当に解消できるのではないかと思う。



相続税も広義の資産課税の一種なので、資産税を導入して相続税をやめろという意見ですが、そもそも相続税自体を単独でやめればいいじゃん。財産権を侵害してるし憲法の精神にそぐわないです。資産税は税金を払った後に形成された資産にさらに税金をかけるもので、酷い2重課税です。

この後出しジャンケンみたいな理屈で、こんな法案を今までの税制下で資産形成してきた老人達(大勢力の有権者)が支持する訳ないでしょう。

じゃあ若者が支持するかと言えば、そもそもこういう短絡的な政策に賛同しそうな若者は選挙に行きません。大阪都構想の件で明らかです。資産を持っている、もしくはこれから資産を形成する気のある若者は選挙に行って、反対票を入れます。

支持する有権者が見当たらない以上、法案は通らないはずです。

にも関わらず、資産課税を心配する人が後を絶たないのは、政府がうまく誤魔化して支持を得られないままなんとなく法案を通す可能性があるからでしょうね。マイナンバー制度も割りとすんなり実現してビックリしましたもんね。

さすがにこれが通るようだと、日本の議会制民主主義が嫌になってきますね。そりゃ富裕層は海外に逃げますよ。


関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
相続税、消費税を上げる。年金受給を遅らせて、医療費負担を上げる、福祉手当を現物支給何かを想像しています。
同感です
既に去年、金融資産1億円以上の資産家が海外移住する際、含み益に対する課税する制度が始まったとの記事を記憶しています。何でもシンガポールとかニュージーランドといった売却益への課税がない国に租税回避のためにこれらの国へ移住する人が増えているとか。消費増税で苦しむ国民の不満をかわす狙いがあるとか。これだけで十分でしょう。国内にいるのになんで含み益にまで税金をかけられなきゃいけないんですか?理解不能ですし、むしろ株式市場活性化どころか後退させますよ。株価を上げたいならそもそも売却益への課税は下げるべきだしゼロにしたほうが良いです。大前氏は気でも狂ったんでしょうか。それとも国から金でももらってるんでしょうか。
No title
財産税が導入されるとしたら、資産3000万以下の場合は免除とかそういう事も考えられます。
資産3000万以下のマス層と呼ばれる部分の人の割合は全体の80%近くいますし、そうしたマス層の「金持ちから搾り取れ!」の考えも根強いでしょうから、財産税の政策に賛成票が多く集まることも考えられますね。
ただ、政治家も財力のある有力者の機嫌は損ねたくないでしょうから成立までは道険しかもしれませんが、日本の債務がいよいよヤバくなり始めれば成立の流れになるんではないかな、と思っています。
Re: No title
> 相続税、消費税を上げる。年金受給を遅らせて、医療費負担を上げる、福祉手当を現物支給何かを想像しています。

税金を取る発想ばかりで、社会福祉費を抑制するという発想が無いですね…有権者がそれを望んでないもんですね…
Re: 同感です
> 既に去年、金融資産1億円以上の資産家が海外移住する際、含み益に対する課税する制度が始まったとの記事を記憶しています。何でもシンガポールとかニュージーランドといった売却益への課税がない国に租税回避のためにこれらの国へ移住する人が増えているとか。消費増税で苦しむ国民の不満をかわす狙いがあるとか。これだけで十分でしょう。国内にいるのになんで含み益にまで税金をかけられなきゃいけないんですか?理解不能ですし、むしろ株式市場活性化どころか後退させますよ。株価を上げたいならそもそも売却益への課税は下げるべきだしゼロにしたほうが良いです。大前氏は気でも狂ったんでしょうか。それとも国から金でももらってるんでしょうか。

大前研一は以前からこんな感じです。至って正気です。
Re: No title
> 財産税が導入されるとしたら、資産3000万以下の場合は免除とかそういう事も考えられます。
> 資産3000万以下のマス層と呼ばれる部分の人の割合は全体の80%近くいますし、そうしたマス層の「金持ちから搾り取れ!」の考えも根強いでしょうから、財産税の政策に賛成票が多く集まることも考えられますね。
> ただ、政治家も財力のある有力者の機嫌は損ねたくないでしょうから成立までは道険しかもしれませんが、日本の債務がいよいよヤバくなり始めれば成立の流れになるんではないかな、と思っています。

ところが、日本の場合は超富裕層の資産占有率がそれほど高くないんです。資産課税するのならアッパーマスからマス層にかけて取らないとあまり意味がありません。超富裕層はいくらでも逃げ道がありますし。
No title
富裕層は税金から逃げるのがうまいので
税金取ろうと思うと
今の政府がやろうとしている
消費増税が一番なのかもしれません。

ただ増税の前にやることが
あるだろうという気持ちが強いですが

Re: No title
> 富裕層は税金から逃げるのがうまいので
> 税金取ろうと思うと
> 今の政府がやろうとしている
> 消費増税が一番なのかもしれません。
>
> ただ増税の前にやることが
> あるだろうという気持ちが強いですが

んーどうなんでしょう?超お金持ちって意外と消費してないかもしれません。バフェット爺さんとか今だにコカ・コーラ飲んでますし。軽減税率が骨抜きになって結局庶民から取る構造になるかもしれません。

増税の前にすることがあるだろう、というのは正論ですね。
No title
大前さんが参考にしたのはノルウェーでしょう。資産課税が毎年1%です。
資産2千万以上で居住用不動産は控除が2千万有ります。
大前さんの言っている事はべら棒のようにも見えますが、すでに日本でも固定資産税は0.5%です。特に駐車場などの空き地は3%を越えています。
親から継いだ猫の額のような駐車場に毎年30万税金払っています。
Re: No title
> 大前さんが参考にしたのはノルウェーでしょう。資産課税が毎年1%です。
> 資産2千万以上で居住用不動産は控除が2千万有ります。
> 大前さんの言っている事はべら棒のようにも見えますが、すでに日本でも固定資産税は0.5%です。特に駐車場などの空き地は3%を越えています。
> 親から継いだ猫の額のような駐車場に毎年30万税金払っています。

言いたいことはポイントを整理して下さい。
Twitterでもありましたが、バラバラに言われてもコメントしにくいです。

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサーリンク