関連コンテンツ

話題の「水素水」 かつてブームを巻き起こした「あの水」と同じ、らしいけど興味なし

話題の「水素水」 かつてブームを巻き起こした「あの水」と同じだった…

ここ数年、スーパーなどでも見かけることが増えた「水素水」。中には普通のミネラルウオーターの3倍以上の値段で売られているものもある。医薬品ではないので効果・効能の表示はできないが、何らかの健康効果を期待して購入する人が多いようだ。実は「水素水」は、かつて別の名前で売られていた。なぜ今、水素が注目されているのだろうか。

(中略)

『なぜ疑似科学が社会を動かすのか』(PHP新書)の著書もある石川教授は、「今話題の水素水の多くは、電解還元水のことで、かつてアルカリイオン水と呼ばれたもの」と指摘。水素水の評定をしたことについて、「キャッチーな『水素』という言葉をつけることで、売り上げを回復しようという意図が見えたから」と説明する。


「アルカリイオン水」…ああ、ありましたね。

一応、

>また、水素水の中には、水を電気分解するのでなく、濃度の高い水素水を水に溶け込ませるタイプもある。こちらの場合は、アルカリイオン水とは区別される。

というフォローもあります。もちろん、そちらも効果は一切証明されていませんが。



水素水H2 伊藤園

水素水には伊藤園(2593)の製品もありますが、「水素が高濃度」で、かつ「抜けにくい」という伊藤園(2593)の技術をアピールしつつ、水素水そのもの効果については注意深く触れていません。この辺はちゃんとしていてさすが伊藤園(2593)ですね。

>水素水に溶け込んでいる水素は、多量に摂ったとしても拡散性が高いため、余分な水素は体から抜けていきます。ただし、水と同じく、過剰摂取は胃腸へ負担をかけてしまうため、適度に飲むことが大切です。

そうですね、水と同じですからね。

>水素水は水と同じように、朝目覚めた時や夜寝る前、お風呂あがりやスポーツをするときなど、通常の水分補給と同じ感覚でお飲みいただけます。

いや、だったら普通の水でいいのでは…伊藤園(2593)も落ちたものです。


この記事とは関係ありませんが、昔私の実家に「アルカリイオン水」の生成機があったような気がします。親に聞いてみたらやはり買ってたらしく、「効くわけないでしょ、あんなもの」と言ってました。どうやら既に黒歴史となっているようです。

関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
定期的に出ますね。〇〇水商売。
私の実家もかつて海洋深層水(笑)にハマっていた時期が。
海洋深層水も今や完全に下火になりましたが・・・
Re: No title
> 定期的に出ますね。〇〇水商売。
> 私の実家もかつて海洋深層水(笑)にハマっていた時期が。
> 海洋深層水も今や完全に下火になりましたが・・・

そんなのもありましたね。飲んだ事ありませんが、どんな味がしたんでしょう?
No title
海洋深層水、水としか言いようのない普通の水でしたw
流石に水道水よりは美味しかったんですが。。。
No title
その水素水の広告がグーグルアドセンスで出ていますね。
書いた本人が興味なくても、記事を読んだ人に興味を持たせる。
広告は、記事の内容を解析して決められているのでしょうから、いいことを書いても悪いことを書いても、結果として商品の売り上げにつながる?
これぞ、インターネット広告の利点ってところでしょうか。
Re: No title
> 海洋深層水、水としか言いようのない普通の水でしたw
> 流石に水道水よりは美味しかったんですが。。。

塩味がするのかな?と思ってました。
Re: No title
> その水素水の広告がグーグルアドセンスで出ていますね。
> 書いた本人が興味なくても、記事を読んだ人に興味を持たせる。
> 広告は、記事の内容を解析して決められているのでしょうから、いいことを書いても悪いことを書いても、結果として商品の売り上げにつながる?
> これぞ、インターネット広告の利点ってところでしょうか。

実際この記事を書くために検索したので、履歴からかバンバン表示されています。伊藤園だけじゃなくていろんな会社のが…

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサーリンク