関連コンテンツ

なぜヨーロッパは日本人より働かないのに経済が成り立つのか?を読んで考えたこと

なぜヨーロッパは日本人より働かないのに経済が成り立つのか?

ヨーロッパの先進国では夏休みが1ヶ月あったり残業が殆どないなどの日本とはかなり異なった労働体系があると聞くのに、なぜ同じ先進国である日本と同じ経済が成り立っているのか?という素朴な疑問があります、という質問。

>そんな働き方に憧れる一方、鵜呑みにしてはいけない様な気もしています。

なるほど、よく分からないなりにそんな気もします。

回答者の回答↓

スペインに引っ越した当時、もっとも驚いたことは、朝出社すると皆でカフェに行って朝食をとることや、「午後一」が16:30であること、そして最低夏休みが一ヶ月と、労働時間が驚くほど短いことでした。

その理由は明らかで、誰もが「働くために生まれてきたのではないから」と言い切ります。
一方、日本人に尋ねると「経済が成り立つわけがない」、「鵜呑みにしてはいけない」と答えます。
しかし、ご存知のようにスペインは国家として成立しており、その上一人当たりの生産性は日本より高く、今年の成長率は日本よりも高いのです。

さて、この違いはどこにあるのでしょうか?
僕の答えは、スペインでは(というより、世界のほとんどの国では)、個人が個人の幸せを追及しているのに対し、日本は個人より和を大切にし、個を犠牲にしているからだと思います。



回答も言われてみると、そんな気もします。

ただ例がスペインなのがね…スペインってヨーロッパでもギリシャの次ぐらいの経済劣等生だからね。

世界の失業率ランキング

日本とスペインの比較というのはわかりやすいけどちょっと極端な気がします。

というか極端じゃない国ってないんですよね。ヨーロッパとひとくちに言ってもものすごくバラエティに富んでいて、北欧みたいに極端に高税率高福祉の国や、南欧みたいに極端に働かない国のいいところだけ取り上げて日本は駄目だと言っても始まらない気もします。

日本は高福祉だけど高税率は嫌だって事で、借金しまくっている、長期間長時間労働で生産性が低いが今だに先進国の一角という独自路線。これもある意味ユニークな国。

長期間長時間労働というのは、本来は発展途上国の働き方なんですよね。なぜなら発展途上国だと長い時間働けば働くだけ豊かになるという実感(高度成長期の日本みたいに)があるから、言われなくてもそういう働き方をするようになります。

日本の場合、とっくに発展途上国じゃ無くなっているのに昔の働き方を続けているのは日本人の気質なんでしょうね。南欧の働かない気質と同じで一種の固有の病気みたいな感じ。

あと日本では確かに個人より集団の和を重んじるけど、だからといって個人が個人の幸せを追求していないかというとそんな事はないですよね。集団の和が個人の幸福をもたらすと思う人が多いから伝統的にそうなっていったんだと思います。

何が言いたいかと言うと世界はバラエティに富んでいるので、病気の国を批判するのに別の病気の国の例を持ってくるのはアンフェアだという事です。例えば借金まみれの日本を批判するのに鉄壁の健全財政のドイツの例を持ってくるとかですけど、ドイツはドイツで「借金できない病」なんですよね。あれはあれで病気です。

関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
賛成です。
日本の会社はサービスや対応がいいことで知られていますが、これは長期労働や生産性の悪さと不可分です。
Re: No title
> 賛成です。
> 日本の会社はサービスや対応がいいことで知られていますが、これは長期労働や生産性の悪さと不可分です。

つまり早期リタイアした者の勝ち…?

日本の生産性の低さは日本人自身が望んでいる感はありますね。サービスには対価が必要で、低税率だけど高福祉が欲しいとか無いものねだりばっかりしてるから歪みが拡大していくんだと思います。
合理性を超えた追求かなぁ
日本って合理的ではなく、「完璧」を追求しすぎるのだと思います。

例えば何か問題があった時に検討する再発防止策ってコスト的に見た合理的判断による割り切りも含まれるべきですけど、絶対に再発しないというところを簡単に求めてきます。
Re: 合理性を超えた追求かなぁ
> 日本って合理的ではなく、「完璧」を追求しすぎるのだと思います。
>
> 例えば何か問題があった時に検討する再発防止策ってコスト的に見た合理的判断による割り切りも含まれるべきですけど、絶対に再発しないというところを簡単に求めてきます。


そうですね。しかも絶対の再発防止って不可能だから、余計に非現実的な施策になってまた別の問題を誘発します。非合理の極みなんだけどそれを顧客が求めている感はありますね。

上が無茶言うから下も数字を誤魔化して要求と現実のツジツマを合わせるしかない。近年の日本企業の不祥事は全部これですね。日本人は病んでます。
島国であることが要因の一つではないでしょうか?
 こんにちは。

 日本人が個よりも周りとの和を重んじるのは日本が島国であり、農耕民族として一つの地域にずっと同じ面子で過ごしてきたという歴史があるからではないでしょうか?
 しかし、このおかげで欧州のように国土が戦争で荒らされる、難民が入ってくるといった問題が起きず平和なわけで(´・ω・`)

 ただいくら何でも閉鎖的な国ではないのかと思います。私は日本以外行ったことないですが
Re: 島国であることが要因の一つではないでしょうか?
>  こんにちは。
>
>  日本人が個よりも周りとの和を重んじるのは日本が島国であり、農耕民族として一つの地域にずっと同じ面子で過ごしてきたという歴史があるからではないでしょうか?
>  しかし、このおかげで欧州のように国土が戦争で荒らされる、難民が入ってくるといった問題が起きず平和なわけで(´・ω・`)
>
>  ただいくら何でも閉鎖的な国ではないのかと思います。私は日本以外行ったことないですが

地理的な要因は大きいと思います。失業率の高い国のリストを見るとほぼ全て南の国なんですよ。暑い所に住んでると人間は働く気をなくします。人間のやることなんて住む所で決まってくるのかもしれません。
No title
>
無茶言うから下も数字を誤魔化して要求と現実のツジツマを合わせるしかない。

訴訟大国・個人主義のアメリカなんかは
分厚い文書などではっきり契約して、ドライな感じですし

日本の場合、なあなあ、先送り、ウェットな感じが
だんだんと欧米化・ドライ化して「中間的」だし


人間のやることなんて住む所で決まってくるのかもしれません。

日本は、暑くもあり、寒くもある、四季がある
まあ「中間的」だし、

確かに日本人は、ほどほど中庸「中間」に落ち着きやすい性質があるやもしれないですね。
それって簡単な理由!
戦争に負け、未だに戦勝国から搾取されていて、官僚、政治家特に官僚が
国民をマインドコントロールし不安を煽り搾取システムをつくり
高額な税金やらで奴隷状態にしているから。

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサーリンク