関連コンテンツ

リタイアに向けた金融商品の選択(ソーシャルレンディング)

現在のところ世界的規模で金利が低く、資金の行き場が株式しかないような状況です。

そのため一般的な知名度はまだ低いですが、ソーシャルレンディング・クラウドファンディングの分野には期待しています。
ただし、まだまだ規模が小さく業者も数社しか存在しません。

この分野は自分で投資判断ができる人以外は手を出すべきではありません。
この分野が投資家レベルの低い日本で発達するかは疑問がありますが、期待はしています。

「ソーシャルレンディングって何?」という方は、
けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記
ここが詳しいです。
関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント


スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント