関連コンテンツ

銀行窓口で平然と売られている「ボッタクリ」金融商品って?

絶対買ってはいけない! 銀行窓口で平然と売られている「ボッタクリ」金融商品 金融庁の正論に銀行は反発してる場合か?

>5月25日の『読売新聞』(朝刊)に、「保険手数料開示見送り 金融庁」、「銀行窓口販売 地銀『収入減』反発受け」という見出しの記事を見つけた。

>筆者なりに内容を要約すると、銀行の窓口で売られている保険の手数料を顧客に開示すべきだと考える金融庁に対して、手数料を開示すると保険が売りにくくなり、手数料収入が減ることを理由に地銀などが反発しており、金融庁は今年10月の導入を見送るけれども、引き続き手数料開示の実現に向けて業界に働きかける意向だ、という趣旨の記事だ。

>金融庁によると、投資信託の販売手数料が2~3%なのに対して、例えば、外貨建ての貯蓄性保険の場合4〜9%と手数料が割高なのだという


投資信託の話かな?と思ったら保険の話でした。販売手数料がべらぼうに高いのも問題ですが、保険の場合は販売手数料が開示されていないのが大問題らしいです。銀行で保険を買うという発想が無かったので知らなかったのですが、本当にこんな事がまかり通っているの?という感じです。

なんというか日本って本当に金融後進国だわ〜情報開示がなされていない金融商品をホイホイ買う人がいっぱいいるって事でしょう?銀行のアコギな商売にも呆れますけど、客の無知とお人好しにも呆れます。

金融庁は銀行の監督省庁なので、文字通り銀行を監督指導する立場にあります。

放置されていた異常な状態の正常化に意欲的に取り組んでいて大変けっこうですが、並行して国民の金融教育と啓蒙もやっていかないと駄目ですね。これは文部科学省の仕事ですね。国がやらないからとりあえず山崎元さんが啓蒙してる感じです。

特殊詐欺がいっこうに無くならない所を見ると年寄りには言ってもムダでしょう。だって昔の人は金融知識がガバガバでもとりあえず生きていくには支障が無かったですからね。銀行の収益の少なからぬ部分が客を騙す事によって確保されているといういい例です。

関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
へへ、実は過去に保険、特に生保を売っていたものです。
代理店手数料は結構美味しくて10%以上もらってました。
それくらい生保って経費率が高いんだろうなあ、ってその当時から思ってました。
Re: No title
> へへ、実は過去に保険、特に生保を売っていたものです。
> 代理店手数料は結構美味しくて10%以上もらってました。
> それくらい生保って経費率が高いんだろうなあ、ってその当時から思ってました。

基本的に保険や証券はセールスしないと売れないものですからね…手数料をディスカウントしたネット証券は商売として成り立っているのに、ネット保険は今のところ成功してないですね。

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント