関連コンテンツ

「NHKの受信料を払ってない人間は3種類いる」の続き

前回の記事:NHKの受信料を払ってない人間は3種類いる

NHKの受信契約を結ぶ必要の無い人の条件とはなんでしょうか。

これは放送法64条にある通りですが一言で言うと「NHKの放送を受信できる設備を設置していない人」です。

たとえば受信機(テレビ等)を所有していてもアンテナが無ければ契約の義務はありません。受信機を持っていて、それがNHKの放送を受信できる状態になっていれば契約の義務が発生します。

受信機というのは主にテレビやTVチューナー付きのパソコン、ワンセグ付き携帯電話やタブレットなどです。NHKの言い分ではテレビチューナー付きカーナビなども含まれます。これらを一切所有していない人というのは限られているでしょう。

ちなみにアンテナもテレビもあって、それらを配線していないので「設置していない」と強弁する事は無理なようです。配線などはすぐ外したり復旧したりできる事であり、これを認めたらほぼ全ての家庭が契約拒否できる事になってしまいます。

つまり契約の必要が無い人というのは、

1 受信機(テレビ等)を持っていない
2 受信機(テレビ等)は持っているが壊れていたりアンテナが無いなど放送を受信できる状態にない

この2通りです。これ以外の人は全て放送法の規定により契約の義務があります。

たとえNHKを1秒たりとも見ていなくても、そもそも実際にテレビを見ていなくても関係ありません。

「協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。」のです。

さて、ここまではいわば建前の話です。

実際の所は、NHKの受信料を払っていない人には3種類のタイプが存在します。

次回に続きます。

次の記事:「NHKの受信料を払ってない人間は3種類いる」まとめ

関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント


スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント