前の記事:「NHKの受信料を払ってない人間は3種類いる」の続き

NHKの受信料を払っていない人には3種類のタイプが存在します。


1 放送を受信できる状態にないので契約する必要が無い

テレビもワンセグ付き携帯もチューナー付きPCやカーナビなども所有していなければ契約の必要はありません。契約の必要が無いので当然支払の義務もありません。私はこのタイプです。


2 契約の必要があるが、契約を拒否している

これは放送法に違反しています。ただ放送法自体には罰則規定も無いので違反してもとりあえず実害はありません。NHKが出る所に出れば民事で裁判になるので面倒な事になります。可能性は非常に低いですが実例もあります。どういう場合に訴えられる可能性が上がるかはここでは触れません。


3 契約の必要があり、契約もしたが支払を拒否している。

これは放送法以前に、契約違反・契約不履行ですね。もちろん訴えられたら100%負けます。
NHKのあり方に批判があるとしても、契約した、契約させられたのなら受信機を捨て正規の手続きを取って解約しましょう。手続きは場合によっては煩雑なものになるかもしれませんが、自分のした事だから仕方が無いですね。


実際はNHK受信料を払っていない世帯のほとんどが2か3に該当すると思われます。つまりテレビは見たいがNHKに金は払いたくないという訳です。そして放送法にはたいした強制力も罰則規定も無いので、実質的に野放しになってます。集金員も面倒な家は避けて取りやすい所から取っています。

馬鹿を見ているのは真面目に受信料を払っている世帯という訳です。NHKのコンテンツは実に素晴らしい?ので納得している人もいるでしょうが、納得していない人もいるでしょう。

私はこういった不公平に加担したくないので、テレビを捨てる選択をしています。実際金銭的な事以外にもテレビを見ないことでメリットも多々あるので、別に負担にはなっていませんね。


関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
カテゴリ
タグ