関連コンテンツ

ギャンブル(投資・投機)の要諦は「最初に勝つこと」にある

ギャンブル…何でもいいですが、例としてはなるべく運の要素が強く期待値が不利なものがいいですね。宝くじにしましょうか。

控除率が55%と世界最凶の宝くじで生涯収支がプラスの人はほとんどいないと思いますが、ごくごく稀に生涯収支がプラスの人がいます。

こういう人は宝くじを買い始めてから、ごく早い段階で高額当選(小額当選でも可ですが…)を果たしたパターンが殆どです。その後はすっぱり宝くじをやめるか、マイナスにならない範囲で買っているので生涯収支のプラスは安泰です。

例えば宝くじで1億円を当ててそれをまた宝くじに突っ込んでスッた、マイナスになったという話は聞いたことありません。

俗に言う勝ち逃げです。

大数の法則により宝くじを買い続ければ買い続けるほど収支は理論値に近づきますので、最も不利なギャンブルと言われる宝くじでそれでも勝つパターンは勝ち逃げしか考えられません。

ギャンブルをやる場合は、まず必ず「控除率」「大数の法則」の意味は必ず頭に叩き込んでから始める事をおすすめします。面倒くさいと言う人はもう知りません。

ちなみに、例えば20年ぐらい宝くじを買い続けて、たまたま高額当選を果たして一発逆転、生涯収支がプラスになったという人も居るんじゃないか…と思った人もいるかもしれません。

一発逆転を夢見ている人には気の毒ですが、こういう奇跡的なケースはまずありません。期間が長くなれば長くなる程、投下した資金が多ければ多いほど大数の法則に従って傷は深くなっていきます。

末期のギャンブラーになると、「それでも勝つことはある」という台詞を吐くようになりますが、救えませんよね。初期の勝ち逃げでも奇跡的な確率なのに…

soredemopng.png


ところで、ここまで「当たったらすぐやめろ」「当たらなくてもすぐやめろ」というつまらない話を長々としてきましたが、こんな事をやってはたして楽しいでしょうか?楽しくない、というか馬鹿馬鹿しいですよね。そりゃ1億円当たれば楽しいでしょうが、このやり方だと確率的にまず当たりませんし。

一方でギャンブルを長々とダラダラと続けるのはそりゃあ楽しいです。しかしギャンブルを楽しむということは即ち必敗を意味します。ギャンブル的な投資を趣味として楽しむ人にも同じ事が言えます。

どっちにしてもギャンブルは馬鹿馬鹿しいのですが、馬鹿馬鹿しさも人生の一部なので否定はしません。


上記は期待値がマイナスのギャンブルの話です。期待値がプラスのギャンブル(のようなもの)と言われる株式投資ではどうでしょうか。ここでも実は意外と最初に勝つことが重要になってきますが、あまりこの事が話題になる事はありません。

(次回の記事があるかは未定です)

銀と金 10



次の記事:ギャンブル(投資・投機)の要諦は「最初に勝つこと」にある 続き

関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
最初に損をすると投資をやめますからね、私は大損してのスタートでインフレを待っています。
Re: No title
> 最初に損をすると投資をやめますからね、私は大損してのスタートでインフレを待っています。

大損スタートだと株の難易度は跳ね上がりますね。
だから退職金で株を始めるのは自殺行為で、なるべく若いうちから始めるのが良いのです。
若者が全財産スッてもおっさんから見たら金額的に知れてますから。

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント