関連コンテンツ

イギリスのEU離脱の是非を問う国民投票、自分がイギリス人ならどうする?

イギリスのEU(欧州連合)離脱の是非を問う国民投票が目前(6月23日)に迫り、さすがに報道も盛り上がってきてます。

日本など外国の立場からすると、イギリスがEUを離脱した場合は政治経済的な混乱が予想されるのでデメリットしかないと思われます。外国人の立場では残留を望むのが普通でしょう。

この問題を理解するにはそもそもイギリスのEU離脱の是非を問う、この危険な国民投票が何故実施される事になったのか、という経緯を考えてみる必要があります。

イギリス人にとってはEUは問題のありすぎる体制です。少なくとも離脱派にも5分の理があると見るべきでしょう。

国民投票を実施する事を決めたのは現政権であり、現政権は「改革後のEUに」残留する事をアピールしています。これは逆に言うと現状のままのEUではイギリス人にとっては残留する価値が薄いという事の証明でもあります。

残留派にとっては勝てると踏んで決めた国民投票の実施ですが、その後の情勢の変化で予断を許さない状況になってきたんですね。

イギリスとEUの関係はイギリス人にとって長年の懸案事項であり、今回の国民投票でこれに一定のケリが付き方向性が定まる、あるいは迷走が始まるかの重要な節目になります。

自分がイギリス人ならどうするか?

投票行動を考えるとき、まず利害関係から考えると分かりやすいでしょう。自分がイギリス人で、離脱か残留かによって得をするか損をするかを考えてみると理解しやすい。

そして自分の属性によってはイギリスがEUを離脱してもデメリットよりメリットの方が多いと信じるだけの、ある程度合理的な理由があるはずです。

移民問題、難民問題と福祉費の問題がその争点になっています。

アメリカの大統領選挙ほど単純な選挙でも無いので、これまでの歴史的経緯と複雑な利害が絡むこの国民投票を一言で説明するのは不可能ですが、分かりやすいのはこれなんでしょうね。


ちなみに金融関係者の利害はイギリス人だろうが外国人だろうが一致していると思われます。もちろん残留を願うことでしょう。混乱と株価や通貨の下落に賭ける勢力は別ですが…

関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
移民問題がかなり離脱派に有利に働いているようで拮抗してるみたいですね。
こんな接戦になるとは。。
Re: No title
> 移民問題がかなり離脱派に有利に働いているようで拮抗してるみたいですね。
> こんな接戦になるとは。。

スコットランドの独立とは違ってイギリスには歴史ある独自通貨もあるし、EUに入ってまだ歴史も浅い。
EUがなんぼのもんじゃいという人が外国人が想像するより多いみたいですね。

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサーリンク