関連コンテンツ

国民年金の隠された実力…ってアレか

「払い損」は大きな誤解? あなたの知らない国民年金の実力

「国民年金なんて、どうせ『払い損』でしょ?」と、国民年金保険料の未納を続けている人はいないだろうか。自営業者やフリーランスは、会社員と違って社会保険料が天引きされず、自分で納付することになるので、支払いはシビアになりがちだ。

(中略)

しかし、こうした「年金不信」には誤解も多く、保険料未納で結果的に損をしたり将来大損する可能性があることをご存じだろうか。人にもよるが、年金保険料を支払った方が結果的におトクになるケースは意外に多いのだ。



国民年金は払い損である、という主張と同じくらい、国民年金はお得である、という主張をよく見かけます。

その趣旨としては、見逃されやすい「遺族年金」と「障害基礎年金」の存在が大きい、というものが多いですね。

年金で儲けたければ、年金受給資格を得てから妻子を残して思いっきり早死するか、逆に思いっきり長生き(障害者になっていればなお良し)すればよろしい。

なるほど、じゃあそうしよう!となるかというと…あほかという話になってきます。

まあ確実に元を取るという発想を捨ててしまえば、いざと言う時や長生きの備えとしては国民年金は依然として優れているという事ですね。

もっともこの手厚い補償の大部分は過去の年金の積立金や現在の納付金では賄いきれず、現段階でも半分くらいは税金で賄われています。そもそもの制度の継続性に疑問があるのは間違いないでしょう。

逆に言うと税金で維持されている制度なのだから、国民年金に入らないということは無駄に税金を払っているだけで制度の恩恵を受けられないということになります。免除はともかく未納は意味が無いのでやめましょうね。

日本国債は絶対に暴落する、いや絶対に暴落しない、という極端な意見のみが幅を効かせるのと同じで、年金制度についても極端な意見を持っている人が多いです。その背景には将来に対する不安心理があります。

一番まずいのは不安心理からどちらかの極端な意見に与して、極端な対策を取る事です。そうすると予想が外れた時は対処できませんよね。冷静に考えて常識的な対応をしていれば、そう困った事態にはならないはずです。「世間の常識」に惑わされず理性的な対応をすることです。

関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
国民年金の方は元を取るだけなら10年だし
本当の払い損は厚生年金の方で、ごっちゃにしてる人多いのでは?
逆に、国民年金の未納率を、年金全体の未納率と思ってる人が多そう
Re: No title
> 国民年金の方は元を取るだけなら10年だし
> 本当の払い損は厚生年金の方で、ごっちゃにしてる人多いのでは?
> 逆に、国民年金の未納率を、年金全体の未納率と思ってる人が多そう

20歳から60歳まで40年払って、65歳から75歳までの10年で元が取れる計算ですね。
しかし保険料が今後も上がっていく可能性が高いのと、受給開始年齢が後ろにズレる可能性が高いので寿命との戦いになってきます。当然今若い人の方が不利です。

年金制度が複雑すぎるのと将来の不確定要素が多すぎるので一回で理解しろというのが無理でしょう。結論ありきの議論ならシミュレーションの数字を弄ればなんとでも言えますしね。

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサーリンク