関連コンテンツ

もはや個人向け国債のキャンペーンのオマケが大真面目に資産運用の対象になる時代に

日銀のマイナス金利政策導入以後、銀行預金の金利が下限に張り付いてしまいました。

定期預金で0.01%、普通預金で0.001%とかですね。ゼロが多すぎて目が滑りますよ。

こうなってくると銀行や証券会社での個人向け国債の販売キャンペーンで貰える、オマケのプレゼントである現金や金券目当ての投資も意味を持ってくるようになってきました。

投資と言っても個人向け国債は元本保証で、1年で解約することもできるので性格的には定期預金と似たようなものです。

1年で解約する場合はペナルティとして金利を放棄する事になりますが、もともとの金利が低いのでこれを放棄してもキャンペーンのオマケの金額の方が大きいのです。金利にしてだいたい0.2~0.3%相当以上ですね。大口だと0.6%以上に達する事もあります。

異次元超低金利時代ならではの裏ワザと言えますが、まともな金利がついていた時代なら注目もされないようなテクニックです。

えらい時代になってしまいました…

キャンペーンは色んな金融機関で常時やってると思います。いちいち紹介するのは面倒臭いので、例によって相互リンク先の1億円を貯めてみよう!chapter2さんに丸投げです。

個人向け国債キャンペーンまとめたので購入して現金や商品券などを貰いましょう【2016年6月】

ところで何で金融機関はこんなキャンペーンをやっているんでしょうか?

長くなったので次回に続きます。

次の記事:個人向け国債のキャンペーンで利益を得るのは個人。では負担しているのは?

関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント


スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント