関連コンテンツ

地方税の納税額が少なすぎてスマンな、という感覚

早期リタイア2年目、市民税・県民税の税額決定通知書が届きました。

昨年の総所得額が37万円ちょっと、控除金額が基礎控除と社会保険料(退職の翌年なので前年の所得に掛かる)合わせて100万円超、なので所得割は当然ゼロ円です。

市民税の均等割が3500円、県民税が2000円、合わせて5500円。

5500円。払う地方税がたったの年間5500円。

分かっていた事ではありますが、これで名実ともに市や県に低所得者、無所得者として認識されたという実感が湧いてきました。

税金を払うのはいつでも嫌なものですが、ここまで少ないとちょっとスマンな?という感覚になります。ただ、税金を取られ続けるシステムから抜けられたという解放感もありますが…

しかしまあ、あくまで見かけ上の無所得者であり、株式譲渡益課税や、配当課税の形で地方税5%(国税は15.315%)は分離課税できっちり取られてます。だから引け目を感じる必要は無いのですが、目に見えませんからね。

これっぽっちしか税金を払っていない身ですから、これからはあまり市政や県政に対して大きな事を言うのはやめておきましょう。税金の無駄遣いに必要以上に無駄に怒る事もありません。社会の片隅で謙虚にひっそりと生きていきます。見栄より実利です。

関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
さいもんさんこんにちは。いつも読ませて頂いてます。

以前の記事で年金に関しては払える内は払っていくと書かれてました。
国保に関してはどうでしょうか?
申請すればかなりの減免が受けれると思いますが…

荒れそうな話題なのでノーコメントでも構いません。
これからも読ませて貰います。
Re: No title
> さいもんさんこんにちは。いつも読ませて頂いてます。
>
> 以前の記事で年金に関しては払える内は払っていくと書かれてました。
> 国保に関してはどうでしょうか?
> 申請すればかなりの減免が受けれると思いますが…
>
> 荒れそうな話題なのでノーコメントでも構いません。
> これからも読ませて貰います。

別に申請しなくても低所得者なら勝手に何割か減額されると思いますが…
生活困窮者に対する減額、免除に関しては該当しないので当然申請もしません。前年より大幅に所得が減った場合、については知りませんが申請すれば審査があるし、許可がおりるとも思わないので興味は無いですね。
もし可能でも道義的にどうかと思います。
No title
国保も年金と同じ様に申請が必要と勘違いしてました。
的外れな質問すみませんでした。
Re: No title
> 国保も年金と同じ様に申請が必要と勘違いしてました。
> 的外れな質問すみませんでした

いや皆そんな感じだと思いますよ。私もサラリーマンを続けていたら興味無かったと思いますし。

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント