関連コンテンツ

10年国債の利率が0.5%に。過去最低タイ記録。

この異常な低金利がどう配当金生活に影響してくるのでしょうか。
将来の国債の暴落はあるのか。
注視していきたいと思います。
関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
さいもんさん、はじめまして。
コメントは初めてさせて頂きますが、さいもんさんのブログはいつも拝読させて頂いております。
さいもんさんの記事はいつも投資初心者でも分かりやすく大変勉強になっております。

今回の記事で、国債の事については増税よりも僕自身の中では不安要素として大変大きなものとなってます。
現在、国の借金が1000兆円を超えるまでに膨れ上がり、そのほとんどが日本国内で賄われているとは言え、日本人の総資金額が1400兆円位と言われておりますので、今の形のままで財政収支が続けば、やはり国債の暴落、そして円の暴落は必至なんじゃないかと不安に思っております。
僕はさいもんさんの様に金融知識がありませんので、今後もっと勉強していかなくてはなりません。
さいもんさんの個人的な見解をどうかご教授願いたいのですが、さいもんさんは、今後、国債の暴落が起こったら、どのような形で資産防衛の対処を想定しておられますでしょうか?
僕はすごくネガティブで、国債暴落→円暴落→ハイパーインフレもしくは、デフォルトや預金封鎖等、未来の事は分かりませんが起こり得る事として考えてしまっております。

あと、前の記事でさいもんさんが、投資教育について書かれておりましたが、どの様に勉強すれば良いのか正直、自分の中でも分かりかねてる所があります。
さいもんさんの、勉強方法や参考書籍等、差支えない程度で合わせてご教授頂けると大変助かります。
初めてのコメントで長文乱文お許しください。
No title
貫太郎さん、こんばんは。
橘玲の「日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル」、ピーターリンチの「ピーターリンチの株で勝つ」がおすすめです。
ネットでは「エナフンさんの梨の木」。

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサーリンク