関連コンテンツ

年金行政の矛盾を一手に引き受ける若年独身サラリーマン

日本の年金制度は実質的には賦課方式です。

積立方式ではないので、つまり現役世代の国民が払っている年金保険料は右から左に現在の年金受給者に支払われています。

大昔は積立方式だったので、年配の方の一部にはまだ積立方式だと思っている人もいるそうです。のんきですね。

国民年金については半分が税金で支払われています。

じゃあ残り半分は国民年金の保険料で賄っているのかと言うと、実はこの部分も不足しているので実質的に厚生年金から回してもらう形になってます。国民年金と厚生年金の1階部分が基礎年金として一体化してるのは補填のためのシステムなんですね。

つまり下品な言い方をすれば、厚生年金は国民年金からタカられています。

次に、専業主婦は保険料を払わなくても年金受給資格を得られます。これを負担するのはやはりサラリーマンですので、サラリーマンでかつ独身の場合は一方的に損をします。専業主婦からタカられる厚生年金。

もうこの時点で厚生年金が相当厳しいですが、さらに少子高齢化による歴史上類を見ない急激な人口減が止めを刺します。若い人は特に厳しいですね。老人にタカられる。

誰が考えても一番損をするのは若年独身サラリーマンです。

若者がこの状況で怒り出さないのが不思議です。

もう既存の政党に頼らず、若年独身サラリーマンの間で候補者を立てて「年金クソ高すぎる党」を結成したほうがいいんじゃないでしょうか。妙なデモやるぐらいの元気があるんだったら、そのぐらいの意思表示をした方が建設的な気がします。

関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサーリンク