銘柄数が多いと管理が大変になる。

専業投資家でもなければ管理しきれるものではない。
だから、購入時にしっかりと調査して、あとは配当利回りをチェックするのみに留めている。

エクセルで一覧表を作り、配当利回りを自動で計算できるようにする。
毎日の株価と1株配当の更新は、楽天証券のリアルタイムスプレッドシート(RSS)を利用する。
このため楽天証券の口座はずっと維持している。
たしか、「DLJディレクトリ証券」時代にマケスピのために開設した口座だ。

メインの証券会社はSBI証券を使っている。


rimawari_convert_20170301120343.png




(2017年3月4日追記)

問い合わせがあったので、私が現在使っている配当利回りを自動計算するエクセルシートを紹介します。


kabuka_convert_20170304112737.png


株価の「現在値」、「一株配当」を自動取得して配当利回りを計算します。ついでに「権利落ち日」も自動取得できます。

マーケットスピードを利用する為に楽天証券の口座が必要です。

黄色のセルの部分は手入力して、後は計算式を入れます。配当利回りが3%を割ったら条件式でセルの色が変わるようにしています。必要最小限のシンプルなもの。

E2=RSS|'1723.T'!現在値
F2=C2*E2
G2=RSS|'1723.T'!配当
H2=C2*G2
I2=G2/D2
J2=H2/F2
K2=H2*0.79685
L2=RSS|'1723.T'!配当落日

参考:マーケットスピードオンラインヘルプ


関連記事

スポンサーリンク





にほんブログ村 セミリタイア生活
カテゴリ
タグ