関連コンテンツ

衝撃的な英国のEU離脱。でも、だから何なの?という感じ。

先週の英国の国民投票の結果はEU離脱というなかなか衝撃的な結果に終わりました。

しばらくはこの話題で持ち切りでしょうが、個人投資家の立場で言えば衝撃の大きさの割には意外と特に改めてやる事はありません。

安倍総理じゃありませんが、以前から言われていたリスクが実際に顕在化しただけです。アベノミクスで一方的に円安株高に傾いていたトレンドが円高株安に振れ戻っているだけ、その理由づけが中国であったり英国であったりするだけです。

もともと日本は経常黒字国で、ほっといても円高が進みます。日本にとって円高圧力は重力のようなものです。民主党政権時代のように無策で何もしなければ超円高になるし、その反動でアベノミクスのような強力な円安政策を取ったら重力圏を振り切るような超円安に触れていただけのことです。

本来は円高圧力と円安政策が吊り合って、ちょうどいい水準で推移するのが望ましいわけです。

別に大きなトレンドに逆らう必要は無いし、方向性に悩む必要もありません。今回の国民投票がいい例ですが、本質的な勝率が50%に近いようなイベントに片張りする意味の無いギャンブルさえしなければ、問題ありません。

景気循環で言えばしばらくは悪いターンでしょうが、ベテランの日本株投資家にとっては久しぶりのあの懐かしい底値拾い、報われる事の少ない、ドブさらいの季節が戻ってきたというところです。

この作業は華やかさのカケラも無いうえにいつまで続くかは誰にも分かりません。地味で忍耐力のいる仕事です。脱落者もいっぱい出るでしょうが、何が起きようがしぶとく生き残る、粘り強さが年季の入ったベテランの日本株投資家の本領です。

関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

こんにちは~
「ドブさらい」って、爆笑です!
私の師匠は(火中のじゃない、普通の)「栗拾い」って呼んでいました。大変な手間がかかるので、虫食いが多かったら凹む。と。

私は前回の栗拾いに参加できなかったので、もう少し待っていてくれないかな~。っと、チャートに向かってつぶやいています。
Re: こんにちは~
> 「ドブさらい」って、爆笑です!
> 私の師匠は(火中のじゃない、普通の)「栗拾い」って呼んでいました。大変な手間がかかるので、虫食いが多かったら凹む。と。
>
> 私は前回の栗拾いに参加できなかったので、もう少し待っていてくれないかな~。っと、チャートに向かってつぶやいています。

栗拾いだと行楽を兼ねてちょっと楽しそうですね。

でもドブさらいも結構小銭回収できますよw
誰もやりたがらないですけど。
No title
腹をくくった感じが伝わりますね。
落ち着いて高配当株でもNISAでさらうかな。
Re: No title
> 腹をくくった感じが伝わりますね。
> 落ち着いて高配当株でもNISAでさらうかな。

NISAはどうなんですかね。クセがありすぎて個人的には配当株投資には向いてない気がするんですが。

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント