関連コンテンツ

早期リタイアを応援してくれる会社ってないかなあ?

一日も早く経済的自由を達成して、早期リタイアする事を奨励する会社ってないかなあ…

ある訳ないですね。マルチ商法の会社ぐらいだ。

よく知りませんが外資系とかの会社で短期間に凄く稼いでとっとと転職して…というのがイメージに近いと思いますが、どこの世界の話?というぐらい現実味がありません。

思うに、普通の会社に勤めながら早期リタイアを目指すのって精神的に凄く苦しいと思うんですよね。価値観が決定的に違うから。

例えは悪いですが、北朝鮮で生活しながら自由主義経済的な価値観を持ってたら死にたくなると思いますよ。


手塚治虫が虫プロの新入社員に向かって笑顔で、

「早く辞めて下さい」

と言ったというエピソードがあります。


人の漫画のアシスタントなんか早く辞めて自分の漫画を描きなさい、という一種の優しさですが、こういう価値観がサラリーマンの世界には無いです。

早期リタイアっていう言葉が悪いと思うんですよね。リタイアって脱落とか失格って意味もありますから、労働からの脱落という意味では住所不定無職も生活保護も一種の早期リタイアになってしまいます。

サラリーマン的価値観からすると目指すもんじゃないです。

単なる経済的独立でいいじゃんと思うんですが。会社で長く勤める事を目的とする人の集団の中に、一日も早く会社を辞めたい人が混じってるのは良くないです。

会社が悪いんじゃなくて私の価値観が悪いんです??

そうは言っても、賃金労働しかできない人には他に選択肢が無いからなあ…

会社に文句言ってないで、早期リタイアしたかったら、漫画家かトレーダーになれ!

こんな結論でいいんですかね…?

ブラック・ジャック創作秘話 ~手塚治虫の仕事場から~ 3 (少年チャンピオン・コミックス)



確か、「早く辞めて下さい」のエピソードはこの巻だったと思います。面白いですよ。

関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント


スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント