関連コンテンツ

早期リタイアが自営業者化するわけ

早期リタイアしてしばらく無職として過ごしていても、ある程度するといつの間にか自営業者化しているケースが多いように思います。

人間、カスミを食って生きていける訳でもない以上、会社を辞めてもある程度収入がある人が大半だと思われます。

まあ中には完全無収入の世捨て人型の人もいますが…あまり一般的では無いと思います。それを言うと早期リタイア自体が一般的で無いという話になりますが。


本題の自営業の話ですが、無職から自営業にジョブチェンジする場合の動機のうち最大の物は税金問題だと思われます。

そもそも早期リタイアできた人なら、なんらかの才覚はある人でしょうから、会社を辞めてもずっと無収入という事は無いでしょう。なんらかの収入が発生して、それは年々増えていくでしょう。

そうするとその内に税金が発生してくるので、節税対策として自営業化する事になります。

世間体対策という意味もあるかもしれませんが、世間体という意味では怪しい自営業と無職では大差ないので、肩書に無関心になった早期リタイア者にとっては割とどうでも良い問題です。結局世の中ゼニですしね。

できれば楽な仕事をして給与所得を得ながら、自営業者として赤字事業をやる、というのが一番楽で効率のいい稼ぎ方です。給与所得と事業所得は損益通算できるからです。なるべく税金を払わない方法です。

サラリーマンがよくコンビニで立ち読みしている、「ビッグトゥモロー」とかの副業系ビジネス誌で一年中せどりだのオークションだのの副業情報の特集をしているのは、ある意味理に適ってます。

早期リタイア者がいつのまにか自営業者化していくのは税金のためですね。効率のいい働き方、生き方というのは結局いかに税金を払わないかという所に行き着きます。

ただ、忙しいサラリーマンがさらに副業をするというのは大変です。

根が怠け者の人にとっては、株式専業投資家生活というのは税金面で一切面倒が無いのが魅力的です。なんせ手続き的な作業は口座を開くことだけですから。この国の税制というのは勉強熱心な怠け者にとっては優しいです。ホントに。

関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
株で稼ぐ→特定口座・源泉徴収ありで税金ゼロ
バイトで65万だけ稼ぐ→給与所得控除65万で税金ゼロ
事業で65万だけ稼ぐ→青色申告特別控除65万で税金ゼロ

これがセミリタイア者のベストの形かなと思っています。
私は上の2つはやってますが、3つ目を考え中。
Re: No title
> 株で稼ぐ→特定口座・源泉徴収ありで税金ゼロ
> バイトで65万だけ稼ぐ→給与所得控除65万で税金ゼロ
> 事業で65万だけ稼ぐ→青色申告特別控除65万で税金ゼロ
>
> これがセミリタイア者のベストの形かなと思っています。
> 私は上の2つはやってますが、3つ目を考え中。

株は税金ゼロじゃないですよ。1億円稼ぐと2千万円ぐらい取られます。
あと社会保険料は全額控除になるのでそれもプラス。
所得が増えると地方税と国民健康保険料も増えるのでそれも考慮を。
No title

特定口座・源泉徴収ありは税金ゼロじゃなかったですね。
国民健康保険の面で有利ではありますが。
No title
あと経費を計上しないと自営業にした意味が無いので、もう少しはバイトか事業で稼いでもいいですね。
No title
ちなみに控除を使って課税所得を減らしても国保には影響しません。経費を計上して所得そのものを減らさないといけません。
No title
給与所得65万-給与所得控除65万=所得0万は国民健康保険の計算上でも適用されるので、国保には跳ね返らないはずですが、青色申告特別控除は国民健康保険の計算上では適用されず、たしかに課税所得は増えて国保に跳ね返るかもしれないです。
ただ国民健康保険料が増えても手取りは増える計算ではありますが、働きすぎで本末転倒ですかね。
何度も書き込み失礼しました。
Re: No title
> 給与所得65万-給与所得控除65万=所得0万は国民健康保険の計算上でも適用されるので、国保には跳ね返らないはずですが、青色申告特別控除は国民健康保険の計算上では適用されず、たしかに課税所得は増えて国保に跳ね返るかもしれないです。
> ただ国民健康保険料が増えても手取りは増える計算ではありますが、働きすぎで本末転倒ですかね。
> 何度も書き込み失礼しました。

ややこしいですが、「収入」「所得」「課税所得」はそれぞれ全然意味が違うので税金の話をするときは厳密に区別する必要があります。

確かに働きすぎると本末転倒なので、源泉分離課税の株式投資で十分稼げるのなら働いて節税など考える必要は無いですね。

スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント