関連コンテンツ

早期リタイア後の確定申告忘れについて

早期リタイア2年目で、今までに2回早期リタイア後の確定申告をしています。

いずれも払いすぎた税金が戻ってくる「還付申告」です。

この還付申告ですが、確定申告期間とは関係なく、その年の翌年1月1日から5年間行うことができます。

つまり、確定申告を忘れていたとしても、過去5年分までは還付申告書を提出する事により還付を受ける事ができます。知ってましたか?私は在職中は全然知りませんでした。

還付申告(国税庁)

2 還付申告の具体例

 給与所得者は、次のような場合には、原則として還付申告をすることができます。

(1) 年の途中で退職し、年末調整を受けずに源泉徴収税額が納め過ぎとなっているとき
(2) 一定の要件のマイホームの取得などをして、住宅ローンがあるとき
(3) マイホームに特定の改修工事をしたとき
(4) 認定住宅の新築等をした場合(認定住宅新築等特別税額控除)
(5) 災害や盗難などで資産に損害を受けたとき
(6) 特定支出控除の適用を受けるとき
(7) 多額の医療費を支出したとき
(8) 特定の寄附をしたとき
(9) 上場株式等に係る譲渡損失の金額を申告分離課税を選択した上場株式等に係る配当所得の金額から控除したとき


退職者でなくても、これらの有利な規定を使い忘れている人は5年分までは遡って還付を受ける事ができるのでチェックした方がいいでしょう。

関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント


スポンサーリンク


コメントの投稿

非公開コメント