関連コンテンツ

早期リタイアに向いた性格

早期リタイアした人の情報って公にはほとんどない、それこそ個人のHPやブログぐらいでしか見ることが出来ない上に、そうした場所で積極的に発信している人というのがすでに母数として偏った対象だと思われます。

それを承知であえてそういう情報を継続的に観察した上で、うまくいってそうな人に共通した性格として、

「計画性のある楽天家」

とでもいうような傾向がある気がします。

ある程度、注意深さと計画性が無いと早期リタイアまでこぎつけられないし、心配症で悲観的すぎる性格だとなかなか早期リタイアに踏み切れません。たとえ踏み切ってもあまり楽しそうじゃないというか…

早期リタイアした後に後悔する人はおそらく、計画性と楽天性が無いんでしょう。これは性格としか言いようがないんじゃないでしょうか。

計画性と楽天性の比率は人それぞれで、計画性1に楽天性9ぐらいで乗り切ってそうな人もいるし、計画性が9ぐらいあってあまり楽天性に頼らず生きてそうな人も見受けられます。

しかしどちらかが完全に欠けてるタイプはあんまり上手くいきそうにない気がします。早期リタイアというと不労所得とか資産運用とか年金とかばかり話題になりますが、ノウハウより性格の方が重要性が高いのではないかと。

関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
「計画性のある楽天家」!
まさに私そのものかもしれません(^^)
その比率は・・・5:5というところかなぁ。
Re: No title
> 「計画性のある楽天家」!
> まさに私そのものかもしれません(^^)
> その比率は・・・5:5というところかなぁ。

バランス型ですね。私は年々楽天的というか適当になってます。
No title
うーん、僕もまさに似たようなことを書こうと思っていて先を越されました。
ある程度準備期間は計画的に、実行後は楽天的な人でないとダメですね。
Re: No title
> うーん、僕もまさに似たようなことを書こうと思っていて先を越されました。
> ある程度準備期間は計画的に、実行後は楽天的な人でないとダメですね。

やはりそうですよね。計画を立ててスタートしたら後はなるようになるだろう、ぐらいの楽天性が無いと良い方へ向かわない気がします。

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサーリンク