関連コンテンツ

「少子高齢化で」失業問題、財政問題は解決し、日本経済は黄金時代を迎える?

少子高齢化で日本経済が迎える黄金時代

ひとつの思考実験として面白かったので、紹介を。

日本経済は、人口減少で衰退して行くし、少子高齢化で年金も破綻しそうだし、明るい展望など持ちようもない」と考えている人は多いと思います。しかし、少子高齢化にも悪い面と良い面があります。筆者は、今後10年間は少子高齢化の良い面が表面化し、日本経済は明るい時代を迎えると考えています。



「逆に考える」ことで、問題の本質がはっきりして上手い考えが浮かぶ、頭の体操にもなります。頭が固いのはたとえ実年齢が若くても老人と一緒ですからね。

少子高齢化によって、現役世代の人口(作る人)が急激に減りますが、総人口(使う人)の減り方は緩やかです。そうなると、失業問題は自動的に解決し、労働力不足が問題となってきます。現在の日本経済は、まさに移行期で需要と供給のバランスが良い時期にあるのです。そして、今後は少しずつ労働力不足の時代になっていきますが、じつは労働力は少し足りないくらいが経済にとって活力になるのです。



生産者人口が急激に減るが消費する総人口の減り方は穏やか、つまり今後10年ぐらいは労働力不足、人手不足が続きます。

人手不足を補うのに、正社員のサービス残業を増やしたり、非正規雇用の社員を劣悪な条件で働かせたりする会社がいわゆるブラックと呼ばれている訳ですが、長い目で見ればこういった企業は淘汰されていくでしょう。

・需要と供給の関係から非正規雇用者の待遇は改善していく
・非正規・時短の雇用需要が増えるので高齢者も働きやすくなる(需要と供給の好循環)
・職場の省人化による設備投資需要が増える

今後10年では需要面と供給面で明るい材料があるという事ですね。なるほど。

最期に、本当の極論です。財政は破綻しません。少子化が進むと、日本人の人口は減り続け、最後は一人になります。その人は、1700兆円の個人金融資産を相続します。国の借金が1000兆円あるので、同額の税金を徴収されるでしょうが、手元に700兆円あるので、豊かな一生が送れるはずです。


これは以前から思ってたんですけど、「貧乏だわ~、金ないわ~」と言いながら、親が土地や金融資産を持ってる人が結構いるんですよね。近い内に日本は「大相続時代」を迎えるので、こういった潜在的「なんちゃって貧困者」がいつのまにか金回りがよくなってる、という現象が日本中で観察されるようになるでしょう。

今は老人と若者の世代間格差が問題になってますが、近い将来は貧乏なフリをしている「なんちゃって貧困者」と「真の貧困者」の同世代間格差が問題になってくるでしょう。

関連記事

スポンサーリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


コメント

No title
労働力不足で待遇改善?
とても、そうは思えないのですけど。
既得権益を握っている大企業の中高年が自身の権益を手放してまで若者や弱者の待遇を改善するとは思えません。
むしろ、さらにブラック化が進んで、非正規雇用、低賃金、サービス残響、過労死が当たり前の世の中になる気がするんですけど。
フルタイムで働けない高齢者や女性は、ますます労働市場から弾き出されて生活苦に陥るのではないでしょうか。
Re: No title
> 労働力不足で待遇改善?
> とても、そうは思えないのですけど。
> 既得権益を握っている大企業の中高年が自身の権益を手放してまで若者や弱者の待遇を改善するとは思えません。
> むしろ、さらにブラック化が進んで、非正規雇用、低賃金、サービス残響、過労死が当たり前の世の中になる気がするんですけど。
> フルタイムで働けない高齢者や女性は、ますます労働市場から弾き出されて生活苦に陥るのではないでしょうか。

あくまで思考実験ですので、いくらでも悪い方に考える事もできますし、良い方に考える事もできます。
個人的には良い方に考えて自分の身も良い方に持って行った方が建設的なんじゃないかと思います。

もちろんブラック化する所はとことんまでブラック化して最終的には自滅するでしょうから、ブラック化の泥船には乗らない方がいいんじゃないかと。

個人的にはフルタイムで働けない人は無理にフルタイムで働かなければいいんじゃないかと思います。できない事を無理にやろうとするから苦しみが生まれているのではないかと。
3つ目は・・・
極論と言っていますが、ちょっと思考実験としても個人的に疑問に思います。
現在のように毎年、着実に借金が増え続けていくと
人口が減って最後の1人になる頃には金融資産よりも借金の方が多くなってしまいかねないのではないでしょうか??

まぁ老人人口が減れば使う金も減るだろうし、あくまで極論なんでしょうけどね(笑)
Re: 3つ目は・・・
> 極論と言っていますが、ちょっと思考実験としても個人的に疑問に思います。
> 現在のように毎年、着実に借金が増え続けていくと
> 人口が減って最後の1人になる頃には金融資産よりも借金の方が多くなってしまいかねないのではないでしょうか??
>
> まぁ老人人口が減れば使う金も減るだろうし、あくまで極論なんでしょうけどね(笑)

まあ私もこんなに資産は残らないだろうと思いました。
しかし人口が減れば減るほど楽になるというのは逆転の発想で面白いと思います。
相続税評価
マイナンバーで管理、回収しやすいように相続税評価を弄って
流動性の低い不動産から株式に移動させときたい所。

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサーリンク